FC2ブログ

記事一覧

497.  「技術」と「売れる」の関係(個人的な観察です)

  • カテゴリ:仕事
  • 商売をするのに
    勉強は欠かせません。


    そして、どうやら僕の観察によるのですが、
    「技術があるだけで、ある程度生きていけちゃう」(らしい)
    という現実があるようです。
    (長く保つかは不明です。)

    「あまり良い人ではなさそうな人でも売れる」
    ということもあるようで、
    しかし、よく観察すると、
    「その人の知っている、使っている技術というのが、非常に確か」
    のようです。

    「良い人が、技術を知らないがために、負けてしまう」
    という事態が発生する
    ことがあるようです。
    嬉しくない事態ですね。
    「技術のある悪い人が残る」
    ことになります。
    気分の良いお買い物、気分の良い暮らしができない
    ですよねぇ。

    「技術は勉強をすれば良いだけ」
    の面が大きい
    と言えるかもしれません

    ので、
    みんなが必要な技術を知ると
    「本当に良い製品、サービス」「良い人」が
    売れて、生き残り安くなるんじゃないか

    と思うんですよね。

    今回の一連の記事については、
    僕の個人事業主としての仕事の一環である
    「広告業」
    に関わる部分です。

    営業の方はよくご存じかもしれませんが、
    良い製品、良いサービスでないと
    売り込むことが非常に辛くなります。

    しかし、
    良い商品がみなさんに知られて、用いられることにより
    僕たちの生活が良くなる
    というのは
    良いことだと思うんですよね。

    なんで、
    インターネット時代に
    インターネットを利用した広告の仕方の一例として
    良い製品、良いサービスの情報が行き渡るにはどうするか

    ということで、
    お届けしました。
    (やっぱり、口コミ大事ですよね。)

    関連する本が沢山出版されていますから、
    視野を広げ、よく考え自分の考えを太くするために、
    僕の考えだけでなく、
    是非是非、色々とお読みになるといいと思います。

    何はともあれ、まず、
    良い人がいて、
    良い商品、良いサービスがあることが
    大事だ

    と思います。

    <修正>2018.07.30
    「その人の知っている、使っている技術というのが、非常に確か」

    赤字から青字にしました。


    <追記>2018.07.30
    努力できる人が良い人か?


    「ちゃんと努力できる人」って「まともな人」だ
    と思ってるじゃないですか。
    僕もそう思っていたんですが、

    「技術を習得するのに、ある限られた年月しかかからない」場合、
    特に
    「その期間だけガマンする」
    「その期間だけ腰を低くして、まともそうにする」
    場合があるようなんです。

    だから、技術があっても、良い人かはわかりません。

    大学受験なども、
    かなり道が整備されていますので、
    20年以上前から「丸暗記の技術」というのがあるようです。

    見ていると、
    「丸暗記」の人は受験にかなりの時間を要しているようです。
    考えれば、答えが出てくるのに、
    それを丸暗記するからです。
    (受験のスタート時点での学力もありますので、長さ自体は一概には言えないと思いますが。
    大学入学時の学力が揃っていれば、大学に入れますので、かかった年数は基本的に議論されません。
    丸暗記については、「丸暗記ってしちゃいけないの?を参照ください。)

    ちなみに、
    僕は履歴の通り、
    かなりゆとりの生活を送っていますが、
    高校生の時に比較的遊んでいたり、
    (睡眠時間が長くて、昼寝もいるんで、大変なんです。)
    「サリン事件のワイドショーの追っかけ(朝から晩まで)」や
    その他諸々受験以外のことをしていたので、
    「ゆとり」なんです。
    (ちょっとやりたいことと違っていたりしたので、
    大学に入り直したりしてますし。
    父がチャンスをくれたんで、自分的に学力的に納得のいく状態で大学に入ったのですが。
    ですんで、色々な教科を先生として持てるんです。)


    <追記2>2018.07.30
    もうちょっと経歴について詳しく書くと


    高校卒業して、
    ある大学に入って、
    軽井沢で夏休みの住み込みバイトをしたりしつつ、
    やっぱり「仮面浪人しようかな」と大学を休んで、
    勉強するはずが
    とても気になる「サリン事件関連のワイドショー」のリアルタイム追っかけetc
    をしたため、
    (だって、大学への行く道で、実際に白い服の人に「学生証見せて~」とか言われてるし。
    僕の学生証は見せてませんが、事件自体とても気になるし。)
    うっかりまた大学に落ちたので、
    ちゃんと予備校に行って、
    大学に入ったので、
    入ったのは2年遅れているのですが、
    勉強だけしてたわけでは全くないんですよ。

    ちなみに、
    仮面浪人の1年で、
    「のんびりしすぎると、間に合わない」
    というのを実感しましたので、
    今ではめでたく
    「ある時期が来ると、起動スイッチが自動的に入る」
    体になりました。

    また、「博士課程」をやったことで、
    「準備を怠らないのが、非常に大事」
    ということを学びましたので、
    (マジ浪人さんのときも、準備はしましたが)

    「極楽とんぼ」と言われるほど暢気な僕でしたが、
    現在のように、なんとか、やっております。

    残りの1年は、
    修士の時に先生が替わるという事件が
    起きましたので、
    増えました。
    (在籍した研究室の数は増えたんですが)

    という感じなので、
    目の前に「勉強しないよ~」と言いつつ、
    とぐろを巻いているお子さんを見ても
    あまりびびらないんですよね。
    (「あらそぉ?おいしいよ、お勉強」ぐらいの感じで。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ