FC2ブログ

記事一覧

477. 知らないからできること

  • カテゴリ:より良い日常へ
  • 473. 大丈夫だと思うから、やる(普通は)
    で書いたように、
    「大丈夫だ」と思うことを
    普通はする
    んだと思うんですよ。

    で、もう一つ、原因があって、
    「知らないから、できる」
    ということがあるようです。

    「相手の力量を、きちんと知らないから、攻撃しちゃったり詐欺しちゃったりする」とか
    「やっちゃいけないって知らないから、やっちゃう」とか
    「自分のやろうとしていることの本質を知らないから、やれちゃう」とか。

    何かに挑戦する時って、
    ちょっと知ったつもりだと
    「むずかしいからできない」と思ってしまって
    手を出すのをやめてしまってできないけれども、
    そういう目測の効かない人は
    気にせず1歩1歩歩くものだから、
    結果としてゴールにたどり着いちゃう

    ということがあるそうなので、
    「知ったつもり」も危ないですが、

    「様々なことを知らないから」という理由で
    何かをやらかしちゃったとしましょう。


    やらかしたことは「現実」です。
    「現実」になってしまっています。

    ということは、
    現実に存在している被害者や周囲の人などからの
    現実の反応が返ってきます。


    それにより、
    やらかしちゃった人の現実生活が一変するでしょう。

    正直、被害者や周囲の人からすると
    「やらかしちゃった人が現実を知らないでやったかどうか」は
    どうでも良く、
    「やらかしちゃった現実そのもの」が重要になる
    と思うんですよね。

    現実の中に生きているのですから、
    「○○を知らない」とかいう情報で作られた個人的な亜空間にいても
    意味がないと思うんですよねぇ。

    「知らない」というだけでは、
    個人の思想や思考に影響があるだけですので、
    それだけでは罪ではありませんが、
    未然に迷惑行為を予防するためには、
    「正しい情報を知っている」は大事
    だと思います。)
    「やったこと」は現実に存在するので、
    内容によっては罪になりますから、
    「知らないからできる」といって
    罪を犯しても
    意味がない

    と思います。

    やっていることは、単に、
    知っている人、わかっている人が通らない橋を
    「知らないから俺平気」と言って
    渡っているだけ
    です。
    別に途中で橋が落ちても、誰も補償しませんし、
    それが
    「人に迷惑をかける」という行動の橋の場合、
    仮に渡り切れても、
    「迷惑をした」という結果と事実が現実的に残るだけ
    です。

    自分の行為の責任はしっかりと取ることになると思います。

    <追記>2018.06.29
    橋の名前をつけてみた


    上の下から2段落目の橋の名前をつけてみました。

    通称「バカの橋」(まんまですね~)

    用例) 「あいつ、教えてもらってないから、バカの橋渡らされてるぜ」
         「あいつ、バカの橋要員だ」
         などなど。
         用例における注意事項)
             人に言われて、自分のやることについては、
             きちんと何をするのか教えてもらっておきましょう。


    <修正>2018.06.30
    <追記>の1文目の「橋」が「端」となっていました。
    端 → 橋
    です。
    すみません。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ