FC2ブログ

記事一覧

475.  誰だって「正しい」という保証が欲しいわけで

  • カテゴリ:より良い日常へ (犯罪 : 良い人の心の準備的な)
  • 「○○の専門家ですよ~」とかの触れ込みで
    トークショーを行なったり、講演会をしたりするじゃないですか。

    「専門的な人から、この世ってどう見えているのかしら?」とか、
    「○○について知りたいんだけど」とか
    「最新情報チェックしたいんだよね」とか
    「○○さんの実物を見たい(著作物の理解を深めるため)」とかの
    様々な動機で
    専門家の人の話を聞きに行く
    んだと思うんですが、

    ときおり、
    「○○さんが△△と言った」という
    言質が欲しい方もいらっしゃるよう

    なんですよね。

    おそらく、
    「専門家の○○さんが△△と言ったから、□□となっている」
    のように使いたい

    (□□は話す人の持論です。
    持論が正しいという補強に使いたいということです。)
    んだと思うのですよね。

    どんな説の人も、
    誰しも、
    専門家の保証がある方が
    そりゃ、いい

    ですものね。

    僕の大学時代には、
    「ソ連時代に宇宙人が地球に来たよ~」という方が
    学科の出しものの時にいらっしゃいましたし。
    (そのときに正しいという保証はつけられませんでしたし、
    今でも僕には保証をつけることができませんが)

    他にも、別の方で他の話題でお見かけしたことがあります。

    自分の知らないところで、
    どのように引用されるかわからない
    ので、
    何かしらの専門家の人は
    しゃべるときに気をつけられると良い
    んじゃないか
    と思うんですよね。

    P.S.
    今日もトークイベントに参加させていただいたのですが、
    非常に誤解を招きにくいわかりやすいお話だったように感じましたので、
    今日の方のお話ではありません。(念のため)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ