FC2ブログ

記事一覧

472. 賠償金という物の解釈

  • カテゴリ:お金
  • 賠償金ってありますよね。

    自分以外の他人に迷惑をかけた場合に、
    発生することのあるお金

    だと思うんですよ。

    「迷惑をかけた」ということは
    そういう行動をする人物像の人ということで、
    他の人からの信用がない

    という状態になります。

    「信用がない」状態で社会の中で健全に暮らすことは難しいですので、
    何らかの形で信用を回復しようとしないとならない

    と思います。

    話し合いで解決できない場合、
    その一つの方法として
    賠償金があると思います。

    自分のお金で払う物ですから、
    自分の将来使えるお金が減るということになるのですが、

    そのお金(賠償金)を払うことで、
    「自分が相手に迷惑なことをした事実を認めている」、

    そして、
    「そのお金の大小によって、
    どれだけ迷惑なことだったか把握している」
    ことを表現している

    ことになると思います。

    そして、実際お金を払うことで、
    「今後そういうことをしない人物像になった」ということを
    形として表現し、
    再び、社会生活を送る事ができるようになるための
    お金

    と思うんですよね。

    賠償金とは、
    「社会的にいてもらうと困る人物像」のままだと、

    (ちなみに、様々な法律がありますが、
    そういう人物像の人が法律にひっかかるようになっているんですよね。)
    社会生活が健全にできず、命に関わりますから、
    そうならないための、
    命の代わりの、「よろしくお願いします」という申し訳代

    ということになる
    と思うんですよね。

    先に、加害者が迷惑なことをしていないと発生しませんので、
    「賠償金詐欺」という商売を被害者が準備することは、普通ないでしょうね。
    (準備していたら、一見したときの被害者が、加害者と言うことになります。)



    <追記>2018.06.22
    賠償金を払うということは

    払う人の
    「今後も暮らしていきたい」
    という意思表示

    でもあるでしょうから、

    そもそも(今後も)
    そういう迷惑なことはしないほうが
    賠償金を払う人にとっても
    本当は有利なのではないか

    と思います。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ