FC2ブログ

記事一覧

471. 詐欺するのって大変じゃないの?

  • カテゴリ:より良い日常へ (犯罪 : 良い人の心の準備的な)
  • 僕たちは
    一生が80年を越え、
    120年の寿命も普通に手が届くようになるかもしれませんよね。

    その間、衣食住が必要ですよね。
    生きていくために、食べ物、着る物、住むところが必要ですよね。

    どうしましょう?
    稼がないと難しそうですよね。
    何にもないところから沸いて出てきませんから。

    生きていくためにお金を稼ぐ、必要な物を稼ぐこと、
    つまり、
    商売をしないと難しそうですよね。
    人単位での商売とは:生きていくためにお金を稼ぐ、必要な物を稼ぐのは全て商売だ
    と思います。)

    ショバを削りながら、
    信用を削りながら、
    商売をするのって大変だ

    と思うんですよ。
    暮らしていくのも大変だ
    と思うんですよね。

    お金と何を交換するのか
    きちんと自覚しておかないと、
    自分を切り売りしているかもしれないですよね。

    お金と商品(自分はダメ)と交換していれば、
    自分の暮らす場所がなくなったり、
    自分がなくなったりすることはない

    と思うんですよ。

    商品というのは、
    物だったり、
    便宜を図ったり楽しんでもらったりするサービスだったり
    自分の労働力だったり
    すると思うのです。

    気持ちよく商売できていれば、
    ショバがなくなりませんから、
    一生の間、ずっと食べていける可能性が増えます。


    三重の商人さんの「三方良し」という商売の秘訣がありますが、
    「売り手、買ってもらう人、周りで見ている人のみんながご機嫌な顔をする
    (自分の必要な物を提供してもらっていますから、買ってもらう人もご機嫌なはずです。)
    商売をせよ」
    という教え
    だそうですが、
    結局、
    「嫌がられない、みんなが喜ぶ商売」をすればいい
    んだと思うんですよ。

    つまり、
    人を喰らうような汚い商売をしなければいい
    んだと思うのです。

    買ってもらう人を裏切ったり、嫌な思いをさせるのはいけないし、
    あまり安く売りすぎて自分の身が切れたりするのも良くないし、
    誰が見ても気分が良い商売ができているのが
    商売繁盛の秘訣なんじゃないかと思うのです。

    ただ、
    「人の心のわからない人」にとって、
    「喜ばれる商売」、「汚くない商売」、「嫌がられない商売」というのが
    どういうものかわからないのかも

    しれません。

    僕たちには歯があって、肉を食べることができますが、
    人を食べることはしません。
    同様に、
    人付き合いでも、
    精神的に物理的に人を喰うことはしないで
    仲良くやっていける人が沢山います。

    しかし、どうも、
    「人の情」というのをきちんと理解できないがために、
    「喰う喰われる関係」、
    「弱肉強食の関係」、
    「人を利用する関係」という関係しかわからない人が
    いるんじゃないか

    と思うんです。

    それでは、
    周りの人が気持ちよくなるように働く(いわゆる気働き)ことはできない
    でしょうし、
    まっとうな上司、雇用主(社長)の気持ちやお客さんの気持ちを喜ばせる、報いる
    というようなことができない

    でしょう。
    (まっとうな上司、雇用主(社長)の場合は、
    仕事の機会をくれたり、
    自分に足りないことを教えてくれたり、
    給料をくれたりしますよね)


    そうすると、
    普通に働き続けることは難しくなるでしょうから、
    よりハードルの高い、
    ただの喰う喰われる関係の世界となる
    詐欺などの犯罪路線に行く

    のかもしれません。
    要するに、
    チート、つまりズルをしないと、
    お金を稼げない人

    ということになります。
    人心に反する方法で、
    無理矢理ショバを作るのに頑張っていそうな人

    もいますよね。

    ショバがなくならない商売、自分を犠牲にしない商売
    というのが
    とても大事

    なんだと思うんです。

    お勉強ができるのも大事ですが、
    (知っている方が、だまされにくいですよねw)
    何より現実の人を良く理解しないと、
    何の職業、商売も
    できないんじゃないか
    と思うんですよ。

    ちゃんと、友達と心を通わせて、
    相手を思いやり合って遊ぶのが
    一番大事じゃないか

    と思います。
    (彼女とか彼氏とか、そういうのはその後ですよねぇ。)

    そういう経験って大事だ
    と思うんですよねぇ。




    <仲良しの図>
    (どうも、男の子同士の仲良しな感じな気がしますが。
    「表立って手を握り合っている」というより、
    「コツンと手をぶつけ合っている」ぐらいの感じじゃないかと。)


    そうそう、
    人の情、愛などがわからない人って、
    どうにもわからないらしいんですよ。
    (なぜかは調査中ですが。)
    どうもハードルが高いみたいなんです。
    見ていると、より生きやすそうに見える路線に全く変らないみたいなんで。

    詐欺師も人の情がわからないと、
    どのポイントで相手がコロンとだまされてくれるか
    みたいな事がわからないんじゃないかと思うんですよね。
    で、うまく詐欺できないと。

    と考えると、
    うまくやれば、詐欺できそうですが、
    詐欺する時点で悪いことをしっかりとやっているので、
    見分けが付くはずなんですよ。

    やっぱり、よくわかってないんじゃないかと思うんですよね~。
    (詐欺の商売というより、嫌がらせしているだけになっている人もいるという感じですが、
    とにかく迷惑ですねぇ~~~)

    とにかく、詐欺路線は大変そうなんですよねぇ。
    進んではやらないし、
    人にもお勧めしません。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ