FC2ブログ

記事一覧

423. 「十分」と「充分」の違いの感想

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 豆知識特集のテレビ番組を見ていたのですが、
    その中で扱われていた言葉をきっかけにして
    ちょっと考えてみたいと思います。

    心を使う言葉って気になるんですよね。
    心が十分に使われているかどうか、って大事じゃないですか。
    (この場合の「十分」は、自分の使える心の量を全部使って感じているという意味です。)

    「十分」は「物理的に満たされていること」で、
    「充分」は「気持ちが満たされていること」という
    正しい言葉の解釈でした。

    どちらも「状態」を示す言葉だったのですが、
    もう一つ大事な区別があるような気がします。

    それは、
    「何を用いて「満たされている状態だ」と
    僕たち人が判断しているか」

    ということで、
    「十分」
    「なんからの容器などの、
    10割(100%)埋まっている状態がどういう状態か決まっている物に対して、
    満たされているかどうか(一杯かどうか)を判断して、
    一杯であると判断された状態」
    で、
    (テストの満点はこちらです。
    満点のない加点式では「十分」という状態は存在しません)
    「充分」
    「自分の心を自分の心で測って、
    一杯の気分になっている
    (自分の心に対してこれ以上同じ刺激はいらない)
    と判断されている状態。
    (但し、絶対的な100%という量は存在しない)」

    じゃないかと思います。

    言葉に心の伴う言葉なので、
    僕の感じたことを書いてみました。


    <追記>2018.03.14

    ところで、
    「充分」な状態からは
    「満足」という言葉は出てくるんじゃないかと思いますが、

    100%の「十分」な状態になったとしても、
    必ずしも「満足」という言葉は出てくるとは限らず、

    必ず、心で「充分」であるという気持ちになって初めて
    「満足」という言葉が心から出てくると思います。

    なので、
    自分の心で感じて、どう思うかというのは
    とても大切

    なんだと思います。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ