FC2ブログ

記事一覧

407. 「妄想・想像」と「現実」と「把握できている現実」をちゃんと区別しようよ

  • カテゴリ:丸暗記と考える力
  • 明日って日曜日じゃないですか。

    ということは、地方選挙があるんですよね。

    選挙に行って、
    隣の人が何を書いているかは
    わからないものなので、
    ある人(とりあえず、仮称Aさん)が
    隣の人(Bさん)の書く音を聞いたからといって
    「あの人「○○さん」に投票した」とか言っちゃダメ
    ですよ。
    それは言っている人(仮称Aさん)の妄想ですから。

    なぜなら、一画で書くところを複数画で書くことも出来るし、
    そもそも名前を書かないで別のものを書いているかもしれません。

    仮称Aさんの把握している現実は、
    書いている音のみ
    で、
    内容自体を見ているわけではありません。

    ですから、「音」→「書いている内容」に一対一の唯一の対応がない限り、
    「書いている内容」を仮称Aさんは把握できていないことになり、
    仮称Aさんは
    「Bさんが○○さんと書いた」と認識しているつもりの
    妄想を見ている
    というのが現実である

    ということになります。

    自分の把握できている現実がどこまでで、
    どこからが自分の頭が勝手に補完した妄想なのか、
    きちんと把握した方がいい
    と思います。

    そもそも、誰に投票したかは内緒にしておく権利がありますから、
    そういうのって、興味持たない方が気分いいと思いますけれどもねぇ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ