FC2ブログ

記事一覧

403. 漢字ドリル5 (四、五)

  • カテゴリ:漢字ドリル
  • 漢字ドリルの続きです。
    今回は四、五です。
    (数字に戻ります)

    四です。




    五です。


    どうぞ~。

    今日って、1月31日なんですよね。
    去年中学受験に合わせて書いた
    176. 明日(2/1)から
    があります。
    良かったら、こちらもどうぞ。

    <追記>2018.01.31
    月食すごいですねぇ。(21:31)

    21:33ぐらいのです。
    欠けてますねぇ。
    地球の方が天球中で動くのが早いので、
    影が追っかけて行ってますね。
    月と影の進行方向は右上です。(0:00前の21:33ですから)

    <追記2>2018.01.31 22:46
    あまり、解説が載っていないようですので、図を上げます。


    月は地球の周りを公転しているので、(ひと月1周ですから速いんです)
    天球を一周するのに、だいたい24時間50分ほどかかります。
    だいたい25時間ですね。

    太陽は24時間で一周ですので、地球の影も24時間で一周です。

    追いかけっこをすると月の方が太陽と地球の影より遅くなります。

    天球の赤道と言われる黄道という道の上を
    月も太陽も地球の影も移動していますので、
    同じぐらいの位置に来ると、
    月食や日食が起こることになります。

    月食は満月の日に起こりやすいのですが、
    満月の天球中での位置は、時刻によってほぼ決まっていますから、
    月食の起こる時刻によって、月食の起こる位置が決まり、
    その位置での運動方向に従って、
    「欠け」が起こることになります。

    ということです。
    皆既月食中のライブタイムですので、上げてみました。

    <追記3>2018.01.31
    ということで、
    月食は、
    「月(明るい部分)に地球の影(暗い部分)が突っ込んでいって、通過する」

    で、
    日食は、
    「月(暗い部分)に太陽(明るい部分)が突っ込んでいって、通過する」

    なんですよ。

    日食の方は、今までのイメージと反対かもしれません。
    太陽は欠けながら、月の後ろを通過していっているんです。



    <追記4>
    補足(観察結果と大体の仕組みの図との違いについて)

    地球と月の公転位置が上下に揺れたり、距離が変わったりするので、
    影の相対的な大きさ(半径)が変わったり、お互いの中心がそろっていないこともあるので、
    影の実際の形は大体です。
    おおまかなコンセプトとしては上記になります。

    <追記5>2018.01.31
    出てきましたね。



    <追記6>2018.02.01 0:12
    終わっちゃったみたいですね。
    東京は雲が出てきて、端を確認できませんでしたが。
    ぎりぎりセーフでしたねぇ。
    (最初ちょっと見そびれたんですよ。ああ、失敗です。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ