FC2ブログ

記事一覧

371. 是正できない人と帰る場所

  • カテゴリ:犯罪者対応 (観察あるある)
  • 367. 例え迷惑なことを書いたとしてもでも書いたのですが、
    性善説に立つと、
    「更正できる」
    ということになるのですよねぇ。

    「更正して集団内でやり直す」とは、
    「悪かったことを悪かったと認めて是正し、
    集団に自分を再び受け入れてもらって、
    集団内での自分の存在を許してもらう」

    ということですよね。

    ただ、
    拒絶されても、是正せずに居続ける人っている
    んですよね。
    「集団内での存在を許さないよ」というメッセージ、サインを受け取っているにも関わらず、
    迷惑行為を是正できない。
    「迷惑行為を心の底から是正しないなら、いなくなってくれ」
    と言われているにも関わらずです。

    そういう人って、
    「許されて集団内で存在している」という実感が薄いんじゃないか
    と思うんですよね。
    きちんと精神的に「いていいよ」と受け入れてもらえたことがない、
    つまり、
    「許された経験がない」ために、
    「拒絶されている」という事態が常態化していて、

    (その状態しか知らない)
    改めて拒絶されても、拒絶されている事態を実感できない。
    そのため、自分で適切に自分の身の始末が出来ない。

    そのため、居残り続ける。

    どうしたら集団内で対等な立場で、
    お互い「認め、認められ」て存在したらよいのか、
    わからない、
    そもそも闖入者なのかもしれないのですよ。

    存在を許されていない人と精神的なやりとりは発生しないでしょうから、
    その人は、ただ「居残り続ける」事が目的となる

    と思うんですよね。
    そして、いるがために、他の人に迷惑なことをやり続けるんじゃないかと思うんですよ。
    迷惑で嫌がられている行動を是正できないですからね。

    つまり、
    集団の中で他の人に認められて存在していない人だけど、
    居続けたがる人って、
    「望まれて存在している」ことができないから、
    嫌がられても居続けるしかできず居続ける

    のかもしれないんですよねぇ。

    集団って有志だけでいいでしょうから、
    そういう人って正直「いらない」んですけれど、
    上記のいきさつが
    それがわからない人が「嫌われているのになぜか存在できる」理由じゃないか
    と思うんですよね。

    帰る場所がそもそもないから、
    帰る場所か、いていい場所か判別できないのではないかと。

    そういう神経が信じられないんですけれど、
    何度拒絶されても「いられる」と思ってしまう人って、
    おそらく拒絶される痛みがわからないんじゃないかと思うんですよね。
    それは、他の人に精神的にきちんと受け入れられる喜びとか安心感とかを知らないから??
    というところから、考えてみました。


    精神的なやりとりのある人間としてのネットワーク
    370. 読解力って大事で触れましたが)
    にいれているのか疑問となる
    んじゃないかとも思えますが。
    (どこかいる場所があれば、そこにいると思いますしねぇ。)

    是正できないって、リスクになるんだと思うんですよねぇ。

    <修正>2017.11.09
    「更正する」とは、
    「悪かったことを悪かったと認めて是正し、
    集団に自分を再び受け入れてもらって、
    集団内での自分の存在を許してもらう」

    ということですよね。

    の「更正する」とはを
    より正確な表現である
    「更正して集団内でやり直す」
    にして、下記のようにしました。

    「更正して集団内でやり直す」とは、
    「悪かったことを悪かったと認めて是正し、
    集団に自分を再び受け入れてもらって、
    集団内での自分の存在を許してもらう」

    ということですよね。

    <追記>2017.11.09
    そうそう、
    是正できない人って、
    結局、「無害なみんなに好かれる人」という
    普通の人の通常状態がないのかもしれませんね。

    そうすると、
    全てやめると、その人の中でのその人の存在意義がなくなっちゃうでしょうから、
    どこまで嫌がらせをするのを妥協するか
    という議論になるのでしょうねぇ。


    で、やめられないと。
    どうやら、一旦やらかしちゃうと、
    後戻りも出来ないし、
    いい人に
    擬態することもできないみたい
    なんですよね。
    で、やり続けると。
    つまり、
    やり直しポイントを持ってないんですかね?
    そりゃ、残念ですねぇ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ