FC2ブログ

記事一覧

331. 「生き金」と「死に金」

  • カテゴリ:お金
  • 「お金の使い方」って大事ですよね。

    「生き金」「死に金」という言い方があって、
    「生き金」とは
    「将来お金を呼んでくる」使い方だったり、
    「その人の人生の価値を高めてくれる」使い方

    だと思うんですよ。

    「死に金」というのは、お金を払っただけで、価値交換をしたはずなのに、
    その人にとって価値がない物やサービスと交換してしまっている場合の使い方だと思うんですよね。

    「死に金」というのがなぜ生じるかというと、
    「目的がないから」
    の一言に尽きる
    と思います。
    お金の使い方はその人の生き方を表しますからねぇ。
    具体的な一つ一つの購買行動の目的だけでなく、
    人生の目的も方位磁針のように大事だと思います。
    全ての目的は心で決めるのでしょうから、
    心が働いていないと、必要不必要の選択が出来ない

    と思います。

    所謂「豪邸」という物に住みたいか、という議論があるとします。
    所謂「高級品」についても同様ですが。

    「所謂」ということは単に「お値段が高いお宅」というだけで、
    内容については、「へのへのもへじ」の状態ということですよね。

    具体的に考えないと、
    自分にとって価値があるのか
    必要なのかわかりません。


    例えば、防音室があるのであれば、
    24時間好きなときに楽器演奏が出来るので、
    時間の使い方の自由度が増しますし、
    楽器の演奏も上達することで、
    その人の生活のクオリティが上がるでしょうから、
    防音室にするための差額を払っても、
    価値が十分にあると思います。

    これが、見栄のためであったりすると価値がないと思いますし、
    練習しなかったりすると(練習をしないという自由はありますが)
    やっぱり「差額はもったいないのかな?」と思います。

    単に、ゴージャスに見える部屋に住んでみたいだけであれば、
    ホテルなどに試しに泊まってみて、
    実際に感じてみて、
    自分に本当に必要かどうか聞いてみる
    のがお勧め
    です。
    お高いですからね。
    いきなり買っても大変でしょうし、
    本当はいらない物に対して、
    いつまでも夢を見ていても時間がもったいないでしょうから。

    それに、文化財にでもならない限り、
    日本の住宅は消費財ですから、
    (つまり、例え、とりあえず0円以上の換金はできるかもしれませんが、
    年が経るにつれて、
    資産価値が目減りする一方で、
    住宅自体はお金を稼いでこない

    ということです。)
    ちゃんと考えて買わないといけないですよね。

    目的がちゃんとあれば、自分の必要な物にお金を使えますが、
    ぼわんと「豪邸っていいな」ぐらいにしか思っていないのに、
    豪邸(間取りとか目的がないと作れないですよね。)を買っちゃったりするのは
    心がちゃんと働いているのか、疑問に思えます。

    僕は、サイトトップにあるように、
    「自由に生きるために考える」というのがモットーで、
    「お金を湯水のように無駄遣いしたいから、考える」とか、
    「豪邸に住みたいから、考える」というモットーではありません
    から、
    僕の自由に納得のいくように自分のお金を使いたいと思います。

    他人に対して、無責任にお金を使わせようとするのは、
    泥棒と同じ
    ですから、
    (本人の自由度が減るだけで、本人の得になりませんからね)
    そういう事を言う人には気をつけたいところです。
    そういうことを言う人がどこで、
    商品を売りたい人と繋がっているかわかりませんからねぇ。

    他人にお金の使い方など決めてもらいたくないですよねぇ。
    要するに、「相手の自由を奪いたい」ということでしょうから、
    そりゃ、「誰の奴隷だ」ということになりますから。
    まさしく「死に金」ですよ。

    <追記>2017.09.11
    そうそう。
    このサイトは無料で読めますが、
    決してボランティア活動ではありませんので。
    (著作権がフルで僕のところにありますし)

    サイトが始まった当初から、
    販売サイト(ミンネさん)へのリンクはありますし、
    小さいナイスな椅子は5万円で売られていますし、
    もちビートくんのスタンプも販売していますしねぇ。
    将来的に、何かを販売しない予定ではないですし。
    商品自体でお値段の価値があるようにしたいと思っています。
    そして、お届けした商品たちにはみなさんのところでしっかりと働いてもらわないとw

    これで、
    ボランティア活動とか
    言っちゃったりしたら、

    それこそ、
    大嘘、詐欺ぶっこいちゃってますよねぇ。
    まあ、いけない。

    --------
    English Edition of this page

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ