FC2ブログ

記事一覧

321.  数がないと困るんだろうけれどもね

  • カテゴリ:政治
  • 237. 政治理念で書いたんですけれど、
    政治理念は
    「どういう生活環境で生きていくのが望ましいか」ということじゃないかと思うんですよ。

    で、304. 「1から」だって?(第3次安倍内閣組閣)で考えたように、(再掲です)
    どういう人、政党に入れたいかを考えてみたんですけれど、
    「政策」が良くてわかりやすく、
    「性格」の良い人で、
    「防犯対策」のきっちりできる人、政党がいい
    と思う
    んですよね。
    そういう人、政党の理念を実現するためには、
    人の数が多い方が良いですから、票を入れたら良いんじゃないかと思うんですよね。

    なんで、
    まず、「政治理念ありき」なんですよね。
    政治理念の賛成のできる人に投票したいんですよ。

    僕は
    「とりあえず数さえいればいいんじゃないか」
    という考えには賛成できません。

    政権を取りたい、自分の思うがままに政治をしたいだけではないかと。
    つまり、自分の声が届きさえすればよい(内容はどうでも構わない)政治家さんということに
    なるんじゃないかと思うんです。
    どんな社会で暮らしたいかという望みがないんですかね?

    自民党に対抗できるような政治集団とのことですが、
    今いる国会議員さんだけでなんとかするのではなく、
    まず、自分たちの政党で政治理念を掲げ、
    自分たちの政党で票を集め、国会議員さんを増やすべきだ
    と思うんです。
    (僕は自民党など少なくとも所謂「共謀罪」に賛成票を投じた人、政党には反対の立場です。)

    マンマユート団みたいにとりあえず「自民党打倒」で集まったけれど、
    全く統率が取れていない、主義主張もバラバラ
    みたいなことになっても
    しょうがない気がします。
    (宮崎駿さんの持っていらっしゃるであろう政治理念とは全く無関係のお話です。ご承知おきください。
    たとえ話ですから。)

    そして、「自民党」の対抗勢力と言っているのに、
    309. 「日本ファーストの会」だそうですよで書いたんですが、
    自民党に長く籍を置き(二重に政党に入っていたと言うことですよね)、
    公明党と協力体制にある
    「日本ファーストの会」って、
    かなり自民党と近い考えの党かもしれませんから、
    (だって、同時に二重に党に入っていられるんですよ。)
    思想の遺伝子として残っている(ミームという考えです。)可能性がある党
    と協力しても、
    結局「自民党的な考え」というものは政界からいなくならず、
    さらには政権を持っている団体として連綿と続いていくことになる
    と思うんですよね。
    (だって、小池百合子さんは所謂「共謀罪」の採決の時に、自民党にいたんですよ。
    「共謀罪」のみが自民党に疑問のある理由ではありませんが。)

    そうなると、そのような党と協力した場合、
    「自民党」との対抗勢力ってことになれるんですかね?

    それとも、そういう党と協力すると言うことはそういう理念の持ち主であると考えた方がいいんですかね?

    とりあえずまず、「政治理念」を大事にするようにして欲しいんですよねぇ。
    (そうでないと、どうやって票を入れたら良いんでしょう?)

    また、309. 「日本ファーストの会」だそうですよで書いたように、
    国籍というものを大事にして、
    誰が本当に日本という国の責任を負うべきか、
    (つまり、参政権のことですし、「日本国民全員で」ですよね?)
    をきちんとわかっていてくれないと
    日本が崩れると思います。

    不思議なんですよねぇ。
    「政治理念」がちゃんとしていればいいんだと思うんですけれどもねぇ。

    <追記>2017.08.31
    「日本居住の外国籍の人に参政権を与える」という政策をした場合に予想され得る事態というのがあって、
    中国やインドなどの沢山人口のいる国から
    2億人とか18才以上の人が移住して来ちゃって、日本が乗っ取られるという事態なんですよね。
    だって、今いる人が移動するだけで国を乗っ取れるとなれば、
    国策としてでも出来ちゃうでしょ?
    (これとは別に、土地の所有権も気にした方が良いと思いますが。)
    今現在、現実に出来てしまう条件が整ってますよね?
    (18才以上のを付け加えました。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ