FC2ブログ

記事一覧

314. 殺しをしたかっただけ?

  • カテゴリ:戦争
  • NHKスペシャルの
    「樺太地上戦
    終戦後7日間の悲劇」

    (最初の数分逃しました。オンデマンド配信お願いします。配信予定に入ってないみたいなんで。)
    「戦慄の記録
    インパール」

    を見たんですよ。

    で、思ったんですけれど、
    「破壊をしたい人」というのが戦争を引き起こしているのかなと。
    要するに殺人じゃないですか。
    敵と呼称する人々に対しても、味方に対しても、現地に住んでいる人に対しても、
    殺しをやっているんですよ。
    一握りの「人殺しをしても平気な人」がいるがために、
    そして指導権を握ったがために、
    沢山の人が亡くなり、傷つき、
    愛する人と平和な生活がなくなったんじゃないかな
    と思います。

    戦争の爆弾って、今、みんなで笑いあっているこの空間の真上から降ってくるものなんですよね。
    そして、その場の和気藹々とした空気、人々の笑い声、明日もあるんだと思っている気持ち、
    当たり前にあると思っている生活、家、大事なものや
    大切な人が一瞬でなくなっちゃうんですよね。
    自分の命もなくなるかもしれませんし。
    それでも、今が平和だからと言って、戦争は自分とは関係ないと言えますか?

    助かるためには、
    助かるような具体的な手立てと実行する具体的な行動がないと
    「助かる」という事態にはたどり着かない
    んですよね。
    怒鳴ってりゃいいってもんじゃないんですよ。
    無能をさらけだすだけで。
    「助ける」つもりがなければ、「殺したかったのかな?」と思うんですよ。
    だって、助からないなら死ぬしかないじゃないですか。
    (現政権に当てはめると、
    説明するための方策と具体的な行動がないと、
    説明する意志がないと言うことになります。
    総論だけじゃ、具体的な行動がないですよね。
    結果的に、いつまでたっても、目標にたどり着かないんですよ。)

    結局、「殺しをしたがった」人々に、
    沢山の人が殺されたり、傷ついたり、
    大切な人を奪われたり、生活がなくなったりしたんだろうと強く思いました。
    ただの殺人の犯罪ですね。
    なのに、
    自分で責任を取らない体制のせいで、
    結局戦後になっても責任を問われていないじゃないですか。
    284. 「元首」ってどういうこと?
    235. 人の行動と責任
    305. 戦争責任と軍隊を参照ください。
    また、攻撃指示責任については、
    36. 自衛隊による先制攻撃について(まだ、先制攻撃は行われていません)を参照ください。)
    ありえませんね。

    <追記>2017.08.15
    戦争になるということは、
    伝えられる「戦争体験」全部が
    そのまま自分や大事な人、この世にいる人みんなに
    起こるということ
    であり、
    さらにもっと悲惨なことが起こるかもしれないということなんですよね。
    他人事じゃないんですよ、本当に。
    そう思って聞いた方が良いと思うんです。
    上記のことが起これば戦争だし、
    なければ
    見た目は平和ということなだけなんですよ。

    そして、
    司令官の立場にない人々も
    (そういう立場の人で軍にいた人も、日本で戦争被害にあった人も)、
    どうしても助けたかった人なのに、
    「自分一人の力じゃどうにも無理だった」という大変な目に
    遭ってらっしゃるそう
    なんです。
    とても辛くて辛くて大変なことだと思うんです。
    (死んで欲しくなかったんですよね。)

    そういう痛みを目にしながら、
    戦争、戦闘をしかけ続けられた
    日本軍の指揮官、戦前、戦中の日本政府というのは
    「単に殺しをしたかった人たち」なのかな?
    と思うんですよ。
    無謀な戦いであっても、なくても、戦争なぞとんでもないことですが、
    無謀すぎますし、
    本当に大義を利用して人を殺したいだけかと思うんですよ。

    <修正&追記>2017.08.31
    オンデマンドに入ったのは、17日だったようですね。
    無事全部見終わりました。
    ありがとうございます。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ