FC2ブログ

記事一覧

31. 舗装道路の凸凹の発見方法

  • カテゴリ:ご提案
  • 先日、ある道路を走っていたのですよ。
    (日本でです。)

    僕の車は軽なので、
    普段、車線の中央を走っていると
    中央寄りのラインを走っているんですよね。

    たまたま、何の気なしに、
    センターライン側によって走ったんです。
    (センターラインを越えてはいけませんよ。
    F1レーサーの中島悟さんも「命のラインだと思え」とおっしゃっています。)

    そしたら、車が縦にぼこぼこ揺れるんですね。

    何かと思ったら。

    そうなんです。
    道路の中の大型車の通るライン上を
    僕の車が通っていたんです。
    大きくて重い車が頻繁に通ったために、
    大型車の走るところだけ、道路のアスファルトがぼこぼこになっちゃっていたんですね。

    でも、これって、
    軽自動車や普通車に乗って、
    普通にまっすぐ走っていたら気づかないんですよ。
    図にすると、こんな感じになってるんです。

    実は、ここは橋のスロープ上で右折や左折をする場所がありませんので、
    センター寄りを走ることがほとんどないんです。
    75cmも走るところが違っていたら、
    タイヤの幅は15.5cmしかないんで気づかないですし、
    普通車(カローラやプリウスでタイヤの走行位置が
    車線中央から約90cmぐらいで、大型車のタイヤの走行位置より35cm内側です)でもおそらく気づきません。
    気づいて貰えなければ、
    直すこともできませんしねぇ。

    大型トラックなどの大型車に乗る人の健康問題とか労働環境問題になるんですよ。
    こういう道のぼこぼこが見逃されているということは、
    普段、大型車を運転する人はそういうところを走ってらっしゃるんですかねぇ。
    (大型車の人はわかってるはずなんですよ)
    これは大変です。
    いやぁ、ひどいです。
    (走っていて上下にかなり大きく揺れたのはびっくりでしたよ)

    ということで、道路担当の方は、
    センターラインよりの大型車の走るところも走っていただけると
    良いのではないかと思います。
    (歩道側にもぼこぼこはあるでしょうが、危険ですからおやめください)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ