FC2ブログ

記事一覧

194. 読書とスマートホン (その1)

  • カテゴリ:読解
  • そろそろ前期日程が全て終了した頃だと思うのですが。
    試験中は記事のアップロードをするのを控えていたんですよね。
    しかし、その間にいろいろなことがあったわけですが。

    大学生協さんの調査によると
    大学生の読書の量が減ったそうなんですよね。
    スマートホンを操作している時間が非常に多いらしいんです。
    このサイトを読む時間は、
    スマートホンを触っている時間に含まれると思うのですが、
    しかし、このサイトで森羅万象の全てを取り扱うことは不可能だと思いますので、
    きちんとその他の本を読むことを強くおすすめしたいと思います。
    (自分の頭で考えるためのトレーニングとしては有用ではないかと思っていますが)

    また、文部科学省の教育課程につきまして、
    頭のトレーニング教材として良いのではないかと思っています。
    根本の根などで書いていることは、
    教科書の全てではありません。
    しかし、現在の日本の教育課程において理解しておいた方が、
    よりよくトレーニングでき、自分の頭で考えることができるようになるのではないかという
    内容について触れてある
    つもりです。
    なので、きちんと学校教材について各自勉強する必要があることになります。
    (全てを書き尽くすと、書いた内容を暗記すれば良くなってしまうので、そういうことはしていないのです)

    また、考えてみたら、こーなった 98. 経営者とロボットでも触れていますが、
    仕事を任されるためには、まず人柄による信用がなくては難しいと思います。
    さらに、他の誰でもない自分を選んでもらって自分に仕事を任されるためには、
    特殊技能を持っているほうが有利
    になります。
    様々な技能(職人さんの技能も入ります)を身につけるために、
    自分の時間を使った方が有意義だと思います。
    (遊びも、人を観察でき、人間力が高まるのなら、問題ないのですよ)
    1960年代から、「大学を出たけれども・・・」と言われるシーンがあったらしいですよ。
    NHKの映像公開ライブラリーで視聴した
    日本の素顔というシリーズの「サラリーマン」という回で紹介されていました。
    (今と昔ではパソコンの普及など条件が変わっているので、一概にはいえないのですが)
    今もやっぱり自分で知識、技能を得るためのトレーニングを積極的に加えて身につけないといけないようなんです。

    スマートホンのゲームを僕もやったことがありますが、
    こちらもご利用方法によって有意義でもただの時間殺しとにでもなるんだと思うんですよ。
    たとえば、商売の方法を観察するなら、実生活で使いようがあると思いますが、
    ただ画面に反応して画面をタップしているだけで身につくものが何かあるんですかね?
    その時間、他のことをやっている人の方が人生の経験値が上がって差がついているんですよね。
    (ゲームの虜になる仕掛けがゲームにあるんですよ)

    携帯電話が普及したときにも、起きたのですが、
    誰かとつながっていないと不安でしょうがない、
    依存症になりかける人もいるらしいのですが、
    自分独り立ちできないと謳歌できる自由が減ると思います。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ