FC2ブログ

記事一覧

181. 紅白歌合戦2016 楽しかったですよねぇ

  • カテゴリ:世の中の?
  • 産経新聞のネットニュースで、
    「「審査方法がよく分からない」「暗い気持ちになる」 昨年のNHK紅白に厳しい意見78%」
    と言うのがあったんですよ。

    僕も最初から最後まで見ていたんですけれど、
    それまでの紅白歌合戦よりも
    出演者の人たちがお互いに和気藹々としてる感じで
    楽しかったですよね。
    みなさん、やっぱり好きなことを自分の気持ちに従ってやってる人たちなのかなと思いました。
    (嫌いなことを無理矢理頑張り続けても、本人の中に恨み的なものが残らないのか心配なんですよ。)

    スマートフォンで簡単に投票できるし、
    結構回数多く「赤か白か?」と聞かれていて、
    ライブタイム的に楽しめたように思えるんです。
    ただ、審査方法が今までの投票と同じだったため、
    (いままでは何となく一部の視聴者の人が投票している気分がしていたんですよ)
    視聴者の人と審査員の人の1票の重みの調整がなされていなかったんですよね。
    (システムが変わったけれど、未対応だったと言うことになるんだと思うんです。)
    難しいですよねぇ、この1票に重みを付けるというのが。
    で、視聴者と反対の結果になったと。

    他によくわからないのが、
    タモリさんとマツコデラックスさんに対する演出ですよねぇ。
    そもそも紅白って、
    「大晦日に帰省したりした親戚も含めて親族の一同がテレビの前に揃って鑑賞する」的な番組じゃないですか。
    なのに、NHKホールに空席を2つもわざと空けて、「みんなで見ていない」的な演出になっているんですよ。
    それは紅白歌合戦の狙いとあってないんじゃないですかね?
    また、他の2人が見ることができたはずなのに、その機会損失を生じているので、
    NHKの視聴料の無駄遣いということにもなっちゃいますよね。

    シン・ゴジラさんのニュースはびっくりしましたけれど、
    こちらの世界の方が出演しているようではないので、
    なんとか出し物だとわかりました。
    (全体として、とても楽しかったですけれど)

    しかし、苦情だけ言っても、
    番組全体をきちんと見ることができていて、
    全体としてどう思ったのかを伝えられてないのかもしれないのは
    いかがかと思うんですよね。
    楽しんだ部分があるなら、ちゃんと伝えるべきだと思うんですよ。
    (適切な審査になってないことになっちゃいます)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ