FC2ブログ

記事一覧

1332. 「業としてやる」って何?

  • カテゴリ:お知らせ (運営)


  • 「業としてやってねーじゃんよ」
    という声が聞こえてきたんですよね。


    僕は好き勝手に興味の赴いたものを考えて
    作ったりしているだけで

    そういう動機でものや理論を作って遊んで暮らしているだけ
    なので、

    ファニーステップの記事を作るために
    ネタ作りの活動をしているわけじゃない


    んですよ。


    ネタができちゃって
    出来が良さそうだから
    出している

    んですよね。


    で、発表するからには
    発言した責任が発生
    します。


    作品や見世物の
    出来が良ければ、

    皆さんが集まって来て、
    お金をくださったりして、
    「業になる」

    んですよ。


    芸能系でも曲芸系でも
    みんな一応できるでしょうけれど、

    出来が良くなければ

    業になりませんし、

    実力的には
    ピンキリでいらっしゃって

    できの良い少数の人が
    業とできている

    のでしょう。


    「出来が良くない」と思えば
    僕のサイトの記事を
    読む価値がないでしょうから、

    読んでいただかなくて大丈夫です。


    お金をいただくようにしていますので、

    そういう責任も背負ってはいますので、

    一応、「業」になっている
    んですよ。


    「業としてやってないから読まない」
    というのは
    非常に意味の分からないことを言われていて、

    本人の知りたいもの、わかりたいものを
    追求し考えて
    新たな知見を考え付いたり発見したりするという
    のは

    僕の遊び

    なんですよねぇ。


    理学博士を取ってるぐらい
    なんで、

    そういう風に愉快に暮らしているのですが、

    あまり、わかってもらえてないようで
    「なんだかなぁ」と憮然とした感じで思います。


    ということで、

    「仕事」って、

    「やる気あるんで」とか、「真剣なんで」とかの
    「頑張ったで賞」じゃなくて、

    実力あれば楽々暮らせる方向性の
    「よくできたで賞」の結果ありきなだけ

    なんですよ。


    人を巻き込んで活動するからには
    お金いただいたりなどの
    責任は発生します
    が。



    <追記>2021.04.08
    負わなければならない
    責任に比べて
    実力がないと


    仕事をするのが
    非常に辛く苦しくなる


    んですよねぇ。


    性格が悪くて
    お客さんを対等に大事にできない人の場合、

    接客、販売態度などで
    スコアを付けると低くなるでしょうから、

    やっぱり
    苦しくなるでしょうね。


    犯罪者傾向があって
    一人で仕事を任せられない、
    上司、責任者が
    目を離すことができないだと、

    一人で仕事ができるという点について
    スコアを付けると
    低くなりますので、

    よろしくないでしょう。


    自分でできることで
    仕事をして
    お金をいただかないとならない
    んですよ。
    (自分が成長する分も加味しても良いですが、
    あまりに上を狙い過ぎると
    失敗しますんで、
    お気を付けください。)



    <追記2>2021.04.08
    さっきは盛大に怒ってました


    「業としてやってねーじゃんよ」的に
    間違えているのは言っている人の方なのに

    なぜか僕がバカにされていたもよう
    だったので、

    「なぜに僕がバカにされねばならぬのか」と
    非常に怒っていましたよ。
    (つまり、理不尽にバカにされていたことになりますしねぇ。)


    ずっとこういう感じで
    自分のやりたいことをメインに
    生活してきていますので、
    (40歳ぐらいまでそうなんで。)

    そういう暮らし方が向いているようだし、

    パフォーマンスも良いよう
    です。
    (僕、やる気でないと全くやりませんから。)


    言い出しっぺって、
    「とある団体の人間じゃないのかなぁ~」とか
    疑ってるんですが、

    なぜ馬鹿にされないとならないんでしょうねぇ。
    (騙されないでくださいね。)



    <追記3>2021.04.08
    出来が良ければ
    「業になる」の例


    みなさん、歌を歌えるじゃないですか。


    で、
    みんなが聞いて、

    「素敵だわ」とか
    「また、あなたの歌を聞きたい」とか
    言ってくれると

    聞きたい人が
    わいわい集まって来て、

    お金を出してくれる人も出てくる傾向にある
    じゃないですか。


    そういうお金を出してくれるほどの贔屓の人が多くなってくると、

    歌からの収入で
    生活ができるようになったりして、

    で、
    「業とできる」
    んですよ。


    こういう風な話の展開になる人って

    「素敵な歌を歌える実力のある人」であることが
    多い

    ですよね。
    (みんながみんな、そうなれる感じではないよう
    です。)


    逆に
    へたくそで、
    みんなが嫌がるほどだと、
    「歌うのをやめて」って言われちゃいます。
    (路上演奏の方も、素敵なクオリティで頑張って欲しいです。

    「生音」というもの自体は素敵なはずなんですが。)


    誰でもできることでも
    実力がないと
    「業にできない、業にはならない」
    傾向にある


    んですよね。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.12.20更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ