FC2ブログ

記事一覧

1297. 今後の患者数予想なんだけど

  • カテゴリ:新型コロナウイルス関連
  • 3月4日のNHKの「ニュースきょう1日」で
    東京大学の仲田准教授の今後の予想が
    発表されたんですよ。
    (あくまで予想ですので、今後が確定したわけではありません。)



    (オリンピック期間を書いてみました。
    NHKさん、図を引用しました。ありがとうございます。)

    という感じで、

    1日当たりの新規患者数が150人を切ったあたりで、
    緊急事態宣言が解除されたら、

    ワクチン接種が順調に進むと
    緑のラインになりそうな予想で、
    グラフのピークが1日当たり500人ぐらいだそうで、

    赤い線が、みんなの気が緩んでしまった場合で
    ピークが1200人ぐらいになっちゃうそうなんですよ。


    で、経済活動をゆるゆると再開させると
    ピーク時に1日あたり新規患者数が350人ぐらいになりそうだけれど、

    経済的損失も大きいそうなんですよ。
    (人命優先で、判断しないとなりません。)


    で、
    今、かなりの関心が高まっている
    オリンピックの開催についてなのですが、

    このグラフ自体は
    どうやら、オリンピックの開催がなかった場合


    つまり、
    オリンピック開催の影響のない場合の

    予想が描かれているらしいんです。


    つまり、
    オリンピックが開催されると、
    オリンピック期間、選手さんたちが日本に来る時期
    海外からのお客さんが到着する時期からは

    この予想の線から、
    新規患者数のグラフは外れる

    ことになります。
    (開催方法と管理の方法によりますが、
    増えるリスクがあるだろう
    と考えるべきでしょう。)


    とりあえず、
    実際に具体的に考えられそうなグラフが
    このグラフで来たのですが、

    7月下旬ごろの患者数ぐらいを見て、
    開催できるか、
    観客を入れるのか否か
    の判断をするべきに見える

    のですよね。


    その前の新規患者数の動きと病床圧迫度で
    早めに判断されるのでしょう。
    (そちらは、専門家の方にお任せしたいと思います。)


    オリンピックを開催する余裕があるかどうか、

    生活を緩めすぎて、
    1日当たり1200人の新規患者数があって、
    オリンピックを開催できるのか、

    ちょっと考えて、
    今後の生活の方針の参考とさせていただきたい

    と思います。
    (ニュース内でもうちょっと話す枠がないと、
    オリンピックについての考察はできなさそう
    ですから、
    オリンピックには触れられてなさそうでした。

    余計な情報があると、誤解の元になりますもん。)



    <追記>2021.03.05
    五輪開催の不安要素


    オリンピックという舞台が
    アスリートの方々にとって
    非常に重要な大会で、

    僕は
    アスリートの方々を守るためにも
    無観客でも開催したい方の人なのですが、

    開催すると心配なことがある
    んですよ。


    新規患者の数を見ると
    みんなが安全で平和な
    「新型コロナウイルスに打ち勝った証の大会」ではなさそうなのですが、

    外国から選手を含め人を呼ぶと
    人と共に新たな変異株が日本にやってくるのが

    困る
    んですよね。


    ワクチンが効きにくいタイプの変異株もいるそう
    です。


    7月にどんな変異株がいるかちょっと予想できないですし、
    変異株が流行って、
    変異株を考慮に入れないとならなくなると、

    グラフの線の推移も
    新規患者数が増える方向で全く変わってくるでしょう。


    少なくとも海外から新たな変異株が来なければ、
    今開発されているワクチンで

    国内の経済活動は来年再開できるかもしれません。


    しかし、
    今あるワクチンで効果のない新たな変異株に
    対応しないとならないとなると、

    これから新たな変異株にも有効なワクチンの開発が
    再び始まり、

    もし、早めにワクチンができて、
    来年の今頃、新しいワクチンができるとして、

    早くても、再来年からの経済の本格的再開になりかねません。


    変異株は
    新型コロナウイルスを撲滅するのが速ければ速いほど、
    ウイルス自体が無くなって、
    生まれにくくなるので、

    早めに撲滅することが推奨される
    でしょう。


    なので、
    心配と言えば心配なのですよ。



    <追記2>2021.03.05
    誰にとっても
    ウイルスをもらうのは
    困る


    <追記>で
    外国の方が日本に変異株をもたらすことの恐れを
    明示して書きましたが、

    外国の方も
    日本でウイルスを拾ってしまっては
    非常に気の毒ですので、

    みんなが安全で平和な
    「新型コロナウイルスに打ち勝った証の大会」の状態での開催の方が
    推奨されるでしょう。



    <追記3>2021.03.05
    変異株の生まれ方


    変異株は
    ウイルスが増殖するときに、
    ウイルスのRNA(遺伝子情報)が
    コピーされるのですが、

    そのとき
    コピーミスによって生まれます。


    その場所は
    ウイルスの増殖する場所、

    すなわち、
    人類、
    (動物さんもですが)

    つまり、
    患者さんの体内です。

    (体内で変異株が生まれてしまった患者さんは
    その変異株を経験する第一番目の人類となるので、
    治療が難しくなる恐れがあるんです。)


    世代交代をするたびに
    変異株が生まれるリスクが生じますので、

    世代交代させないのが
    変異株出現に対する有効手段となるでしょう。

    (もし、
    ウイルス的に生き残りにくい種がコピーミスで生まれても、
    地球上でそんなに生存できないでしょうから、

    治療の困難さのリスクはありますが、
    生き残りやすい種よりは
    あまり気にする必要はないでしょう。)


    新規患者さんの体の中に
    少量のウイルスが侵入して、

    その方の体の中で増殖(世代交代)することになります。
    (ウイルスが空気中にいるときは、増殖しませんから。)


    なので、

    この1年を見ていると、

    どうも新型コロナウイルスは変異株の生まれる速度が
    早めのようでもであるようなので、

    患者さん数自体を減らすことは

    ワクチンの利かない可能性もある
    変異株の出現に関しても

    非常に有効なよう


    なのです。


    <修正>2021.03.24
    「変異種」を「変異株」と
    訂正しました


    以上の記事にある
    「変異種」という言い方を
    「変異株」と訂正しました。




    <追記4>2021.04.18
    罹患で集団免疫形成は
    「ナシだ」と思う


    突然変異が起きると困るのですが、

    罹患する人の数が多いほど
    ウイルスの遺伝子コピーをする回数が増えて

    望ましくない突然変異

    たとえば、より凶悪になる突然変異



    起こる可能性がより増える
    ので、

    罹患しての集団免疫形成(集団の6割に免疫ができる)は
    ナシだろう

    と思うんですよね。


    集団免疫を望んでいるならば、

    ワクチン頼みに方向転換をしないと
    いつまでもコロナウイルス対応が終わらない
    でしょう。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.12.20更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ