FC2ブログ

記事一覧

1295. 「ああ、そうなのか、なるほど」と「ああ、そんなもんなんだ、なるほど」は大いに違う

  • カテゴリ:丸暗記と考える力
  • 丸暗記する人って

    自分の頭で理解することを
    あきらめちゃっているらしいんですよ。


    「わかった」という実感について、
    勘違いしていないか
    念のため、確認したい

    のですが、

    実際には内容はわかっていなくて、
    粗筋だけ読んでわかった気になっている人

    って

    「そんなもんなんだ」としか思っていないはず
    なんですよねぇ。


    そいつぁ、わかっていないよね?
    (自分に正直になりましょう。


    理解力を増やすためには、
    ちゃんと
    「わかった」と思えることを
    一つずつ増やしていくようにしてみてください。



    いくつもステップを飛ばして理解できる人はいないよう
    ですし、

    丸暗記に頼らざるを得ない人も
    丸暗記では理解できたことにならず、
    ステップを飛ばして理解できない人類の一人ですから、

    「わかった」と思えることを一つ一つ増やしていくしかないよう
    ですよ。


    数学で丸暗記がひどい人になると
    「解答が落ちている」
    「解答に書けばいいことが模範解答として落ちている」
    「だから、盗めばいい」ぐらいに思っているらしいのですが、

    解答の形で表現したかった内容がわからないと
    ただ単に手順だけを覚えるだけになる
    ので、

    理解する力も増えないし、
    身に付けた技術の使い方、使うべき時も
    わからないでしょうから、

    新しい問題を解く力はないでしょう。
    覚えればいい説明を探しているだけの人もいるもようですからねぇ。

    そういうのは全然ダメでしょうね。

    やさし目に書いていますが、生産者のところに盗みに来るのもいるんで、
    めちゃくちゃ怒ってます。)


    手順だけ聞けば、その手順の「ねらい」がわからなくてもできる

    と思っている人は、

    どのキャラクターの「絵描き歌」かわからない状態で
    「絵描き歌」を聞いて、
    キャラクターを書けるか

    チャレンジしてみてください。
    (あれは、手順のみを歌っていますんで。)


    理解力は

    幼稚園の頃(その前)から
    身の回りのことを理解することから始めて、

    一つ一つ理解することで積み上げていかないと
    育っていきません
    から、

    心もとない人は、
    幼稚園ぐらいに戻った感じで
    学ぶ方がよろしいのではないでしょうか。



    <追記>2021.03.05
    丸暗記の人は
    オーソドックスな数学の問題しか
    解けない


    丸暗記の人は
    新しい問題が解けないのですが、

    どれくらいのレベル化と言うと、

    既に模範解答のある
    大学入試などの学生用問題においても
    (高校入試や中学入試も含みます。)

    オーソドックスな類題的な問題しか解けない感じなんで、

    丸暗記で
    「本当に数学ができる人」のように見せかけるのは
    無理なんですよねぇ。
    (現実わかってるんですかね?)


    なんか、
    「本当に数学ができる人」に対して、

    「ひがんで、ビビっている人」がいるもよう
    なのですが、

    どうしたらそういう考えになっちゃうんでしょうねぇ?
    (そんな人と比較ができるようなレベルじゃ無さすぎるんで、
    ナンセンス過ぎて、興味深いですね。)



    <追記2>2021.03.05
    できるようにならない方法で
    頑張るのはやめたほうがいいよ


    ということなんで、

    丸暗記なんていう
    本質的に脳みそが育たない
    ニセの学習方法を選ぶのは
    止めたほうがいい


    んですよ。


    頑張っても、
    時間と労力と意思の力を無駄にするだけで
    報われません

    し、

    誰も
    人為的にも
    本当のご褒美をあげることも
    できません


    ので。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.12.20更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ