FC2ブログ

記事一覧

1285. たとえば盗聴されていたら

  • カテゴリ:犯罪者対応 (観察あるある)
  • 盗聴されている人の
    公開する意図のない発言や物音が

    盗聴している人間に勝手に利用されて、
    勝手に一般にさらされることってあるでしょうね。


    盗聴器が仕掛けられている場合、
    盗聴されている本人には
    オンオフできるスイッチがない場合が多いでしょうから、

    どう使われていても
    盗聴されている人に責任はない
    でしょうねぇ。


    前例がない場合、
    犯罪するかどうかの判断、
    善悪の判断が鈍いかどうか、
    現実の状況を判断する力があるかどうか

    が本人にあるかどうかが大事ですが、

    完全に本人の判断通りに動くので、

    その人が犯罪者かどうかよくわかりますよね。


    犯罪者傾向のない人って
    そういう状況でも犯罪しませんからねぇ。


    安心なんですよ。


    盗聴にはお気を付けください。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.12.20更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ