FC2ブログ

記事一覧

1284. 「プロだからこそ」ってどこから?

  • カテゴリ:文章術 (自己表現)
  • 文章に込めるアイデアもそうですし、
    アート表現のアイデアもそうだろうと思うのですが、

    「普通の人と感性、発想が同じ」表現では

    お仕事にはなりません。



    「素人さんが突然お題をもらって、
    パッと思いつく」ぐらいのことしか

    考え付かないのでは、

    素人さんと変わりない
    ので、

    プロとしては必要がないでしょう。
    (学校の美術の授業で突然テーマをもらって
    描き始めるみたいな感じで
    何も練れてないのはダメです。)


    専門学校に行ってもいいですし、
    大学に行ってもいいですし、
    高校生の間に頑張っても良いのですが、

    例えば
    2年だったら、2年間の間に、
    「何も感性や発想が変わらない」
    ようでは、

    ちょっと困るんですよね。


    文章術」で紹介したのですが、
    色々なアイデアを浴びて、修行して、
    いろいろな人生経験をして
    自分の感性や発想を
    プロのものに変化(へんげ)させないと

    素人さんと変わらない
    ので
    いかんのですが、

    そういうものに触れたくないのであれば、
    向いてないので、

    そちらの方向は止めたほうがいい感じなんですよ。


    実力勝負の世界に行きたいなら、

    2年なら、2年と時間を区切って
    (1年で半分の期間ぐらいが時間を図りやすいでしょう。)

    自分で「自分が頑張れるか、頑張り切れるか」試してみて、

    2年後に実力もついて大丈夫そうなら、
    (研究の修士課程も2年ですし。)

    そちらの世界に進めばいいぐらいのものです。
    (実力ないと、食べていけなくて大変ですから。)


    素人さんが思いつくぐらいのアイデアを
    自分の頭から出し切って、

    その次に出てくるのが、
    「ちょっと光って使えるかな?」というアイデアだろう

    と思います。


    考えた時間、感じた時間、触れた時間というのが
    素人さんと比べ物にならないぐらい多くないと

    素人さんと差が付きません。


    逆に、
    そういう時間があるからこそ、
    そういう時間遣いをしたからこそ、

    素人さんとの差となり

    自分にとっての
    プロとしてやっていくための有力なツール(武器)となる
    でしょう。


    なんで、
    好きでないものにそんなに関わっていられないでしょう
    から、

    好きなことの中から仕事を選んだ方が

    良い
    んですよ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.12.20更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ