FC2ブログ

記事一覧

125. 情報の質

  • カテゴリ:読解
  • よくある人をだます技法に、
    「嘘と本当を混ぜる」というのがあるんですよね。

    なので、僕のサイトでは基本的に、
    皆さんが確認できるような(少なくとも確認できる人がこの世に1人は他にいる)前提や前駆者の業績を提示引用して、
    そこからの思考を追っていただいて、
    結論の妥当性、正しさを確認しつつ楽しんでいただけるといいなあというスタンスなんです。

    これは、人間の知を客観的に評価しつつ成長させようとする研究の場でのスタンスを応用したものなのですが。
    (論文の、追試を誰でもでき、正しいか妥当かを確認できる仕組みです。)
    なので、基本的に「デタラメかも」と疑いつつ読んでいただけるぐらいでいいと思っているんですよね。

    なぜ、そういうことをしているかというと、
    自力で真実と嘘をより分けられない限り、
    嘘と真実の混ざった情報を信じると騙されることにつながる
    からです。
    (「誰かさんが言ったからという理由だけで信じるのは、いかがなものか」と思ったりもします。)

    じゃあ、どうしたらいいかというと、
    自分で確認できない、嘘と真実の混ざった情報は全て捨てる。
    これしかありません。
    騙す人は、騙すのが目的で嘘と真実を混ぜますから。



    <追記>2018.11.06
    偏った情報も怪しいと思いますよ


    僕は、偏った情報も怪しいと思います。
    なぜかというと、
    その情報自体の質について正しく伝えていないからです。

    僕たちはどんな情報に関しても、
    その情報の背景、バックグラウンドを考えに入れて、
    判断しないといけない
    とお勧めしたいと思います。

    --------
    English Edition of this page

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ