FC2ブログ

記事一覧

1058. 丸暗記の人も確かに見かけるんだけれど

  • カテゴリ:丸暗記と考える力
  • 今までの人生で

    「暗記型」の人というのと
    「自分で考えて解くタイプ」の人がいるのを知っていたのですが、

    どっちも
    テストの点的には取れているので、
    (うっかりすると、ものすごい量のパターン学習をしているほうが
    解答移すぐらいの勢いで良い結果が出ていたりします。)

    どちらも
    「アリ」的に捉えられていたり、

    技術用語などを覚えないといけないのと勘違いして

    「勉強って暗記だよね」的にごっちゃになっていたりして、

    どちらも
    健全に存在できていそうな感じ

    だったのですが、

    どうやら、
    大学に入った以降、就職後は
    暗記型の人は振るわない感じみたい


    なんですよ。


    うっかりすると、丸暗記の人に
    「善悪に関して鈍かったんだ~」という人も交じっていたりしますし、

    40歳を過ぎて

    20歳以降、自分でどれだけ頑張ったかが
    人生に現れるようになると

    どうも「暗記型」の人はよろしくない感じ

    な気がする


    んですよねぇ。


    大学受験において、
    すごい量の暗記をしているにも関わらず、
    大学以降まったく振るわない人もいますから。


    「丸暗記」の人は

    「考え方を学んでいく」というより、

    「実際の具体例を
    パターン学習して丸暗記していく」感じがする
    んですよ。


    これでは考える力もつかないし、
    応用が利かないですよねぇ。


    わからないことに対しては
    心が動かないので、

    丸暗記に費やしている空白な心の時間は
    その後の人生で大きなロスとして響いてきそう


    です。


    「丸暗記」の人って
    何をやらされているか無自覚にならざるを得ないでしょう
    し、

    そうなると、

    大学というところ、
    つまり、自分なりのこの世に関する知見を作る、思想を作る場所へ

    行くのに
    あまり向いていない心構えの状態になっていそうで、

    気の毒な気がします。


    まぁ、
    20歳以降の長い人生で使えるような頭を
    鍛えたほうがいいだろう


    と思いますよ。



    <追記>2020.07.31
    じゃぁ、僕はどうだったのかって?


    「仕組み」を知ることに興味があったし、
    みんなをまとめるたりするのも興味があって
    ゆっくり育っていた感じな気がしている

    んです。


    その他は、
    「知恵」とか「考え」とかに興味があったし、

    他の人の感じ方とか気持ちとか
    僕にない発想とかも興味があった

    んですよね。


    幼稚園の時から、
    他の子の立場でどういう気持ちかとか
    興味がありましたし、

    小学校でも自分にない発想の答えとか考えとか
    興味津々でした。


    高校生ぐらいのときは

    数学の論理性とかを丸まま
    信じたら良いのか
    ちょっとわからないし、

    「わかる」って何かな?
    と思ってちょっとわからないので、

    ちょっと距離を置いて
    のんびりしていた感じ

    なんですよ。


    社会で取り扱う
    「人間全体の社会」のサイズって
    まだまだよくわからなくて、

    それよりは、
    実際に仕組みが説明されている理科とか機械の方が
    興味あった感じです。


    文学は肌に合うのと
    病んじゃいそうな気分になるのと分かれていて、

    気が合ったのだけ読んでいました。
    (難しい外来語のとか実感として困るんですよねぇ。)



    <追記2>2020.07.31
    僕のサイトの内容は
    丸暗記できない


    根本の根」も
    丸暗記しても役に立たないですし、
    丸暗記できないようにしてある

    んですよねぇ。


    実際の具体例が
    全部書いてあるのが
    せいぜい加法定理の証明ぐらいで、

    根本の根」を丸暗記したぐらいでは
    受験の範囲の具体例のパターンを全部網羅することができないですから。


    また、
    このブログ、
    「考えてみたら、こーなった」も
    1050以上の記事があるのですよね。


    僕の文章の言わんとしている内容を把握するのが大変で、
    それだけで疲れちゃって、
    内容自体が正しいかどうか、どういうことかの吟味をするところまでたどり着かないと困る

    のもあって、
    (ぜひ、しっかり、内容を吟味してください。)

    書いてあること自体の内容把握をするのに楽になるように
    わかりやすく書いているつもりなのですが、
    (「118. わかりやすいこと」も参照ください。)

    心からわかって、
    心を使って「ふむふむ」と読めないと
    頭に入らない量じゃないか


    と思います。


    たまに、
    一応文字と文章を読めてはいるけれど、

    僕の書いてある考えが頭になじまない感じで
    書いてある言葉の関係性を捉えて追うことができず、
    書いてあることの意味をとらえられない人が
    いるもよう

    (「実際に行動できて、わかった」と言うことですが、
    それができない。)

    なのですが、

    そういう人が丸暗記するのは非常に苦痛ではないか

    と思います。


    なんで、
    僕のサイトは最初から、
    丸暗記の材料を提供しないサイトを
    目的として作られている


    んですよ。


    相手の言うことを言うがまま真に受けない
    って大事ですよ。
    (「201. 真(ま)に受けない」参照ください。)



    <追記3>2020.07.31
    じゃぁ、何が目的の一つか


    僕の自分の考え、感じたこと、作品の発表サイトですが、

    「丸暗記」と比較すると
    どちらかと言うと
    「考える力がつく」方向性のサイト
    ではないか
    と思います。



    <追記4>2020.07.31
    自分に合った考えの人を参考にすれば
    いいだけだし


    僕が、丸暗記しにくいサイトを作るのは
    僕の勝手で、

    どうにも合わないなら、
    別の人のサイトを参考になさればいいだけ

    です。
    (僕はデマを教える人に対しては、「間違えているよ」と言いますが、
    他の人の商売を邪魔はしないですし。

    犯罪者の商売は社会的にも保護されないでしょう
    ねぇ。)



    <追記5>2020.07.31
    考える力を付けたい人には


    僕でできることがあれば、
    協力したいと思います。


    「丸暗記して解決したい人」に対しては
    特に協力することはありません。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ