FC2ブログ

記事一覧

1045. GO TO キャンペーン、今は無理じゃない?

  • カテゴリ:新型コロナウイルス関連
  • 「新規感染者がいない」となってから、

    少なくとも2週間たってからでないと、

    「そこが安全な土地」って言えないじゃないですか。


    確かにお金が必要でしょうけれど、

    今の感染状況から見て、

    感染者の多い地域から
    人が出ていくのは

    危険
    ですよねぇ。


    安全な場所同士の人の行き来なら
    大丈夫でしょうけれど。


    西村経済再生担当大臣が答弁で
    「現在は県をまたぐ人の移動が許されている時期だから」という旨の
    理由に当たる言葉を述べていましたが、

    それこそ、
    今、禁止するかどうかを検討すべき段階でしょう。
    (禁止すべきだと思いますが。)


    本人的には
    自発的には
    何も危機感を感じていないのではないか
    と思っちゃうぐらい、

    考えが足りていないような発言だったように思えます。


    また、
    県内の人の移動は良いと言っても、
    県内でも、感染者の多い地域とそうでない地域があるので、
    市ごとに規制をかけて観光を許すようにしないと困るかもしれません。


    まさか、
    人口の多いところから
    人が来てくれないと数が稼げないとか思っているんですかね?


    まさに、人口の多いところに
    感染の歯止めがかかっていないかもしれない状況なんですよねぇ。


    別の支援の方法を考えたほうがいいかもしれません。
    (市区町村にお金を送るとか。
    東京都でも稼げる業態の人からの募金を募らないと
    無理かもしれませんよ。)


    人が移動しなければ、
    新型コロナウイルスも移動しませんから、


    政府を当てにせず、

    移動しないことを自発的に自主的に考えたほうがいい

    かもしれませんよ。


    新型コロナウイルスの感染の危険のある行動を
    我慢できない人は

    厳しい現実だろうと思いますが、

    新型コロナウイルス的には
    より弱い人(弱者)となってしまいます。
    (若者が精神的に新型コロナウイルスに関する弱者となっているようなんですよ。

    命のかかわる状態で、安全な行動を選択できないのは
    生存に関して弱者となってしまいますので。

    エッセンシャルワーカーの方に対して、大変に感謝しています。)


    お気を付けください。


    とにかく、
    避難所暮らしの人がいる段階で、
    無菌状態に近い県に
    感染者の多い都会から人が行くのは大反対したい


    です。



    <追記>2020.07.16
    「我慢できない」気持ちは
    非常によくわかるけれど


    みんなと騒ぎたい、遊びたい
    という気持ちはわかりますし、

    家にこもっていたのが辛かったのもわかりますが、

    新型コロナウイルスの罹患に関しては

    因果関係がはっきりしている
    完全に因果律の議論なので、

    「我慢できない」のが弱みとなってしまうんですよ。


    孤独が人にとって辛いし、
    脳にも精神にもよくない影響を及ぼしそうなことはわかるので、

    強く言いたくないし、
    弱虫だとか決して言わないですし、

    責めるのが人間として酷な話なのは僕もわかっている
    のですが、

    生存の因果律的には
    生きるのにより適した行動を選択できない
    (「我慢できない」という理由だったり、
    「新型コロナウイルスのことを良く知らない」という敵を知らない状態だったり)

    のは

    現実として、
    弱者と言われてしまう状況なのです。


    それが
    新型コロナウイルスに打ち勝っていない
    人間の状況なんです。


    感染者が増えると

    身体的な接触の多い現場、
    介護の現場、幼児から大学生までの教育、警察などの
    必須な業務、活動を
    止めるしかなくなる

    という

    非常に困った事態を背負うことになる

    んですよ。


    できる限り、
    みんなや社会への負担を減らして
    ワクチン待ちをしないとならない


    んです。



    <追記2>2020.07.16
    生物としての人類の弱点を
    攻められているもよう


    身体的には新型コロナウイルスに強い感じの若者世代が
    我慢できないことで(精神的な理由で)
    群れてしまって、

    ウイルスが繁殖し、
    (←今ここ? もう少し進んでいるんですかね?)

    身体的に新型コロナウイルスに弱い年配層の方々に
    移してしまって、

    この方たちが亡くなる


    という、

    人類全体での弱点を的確に狙うこのできる
    性質のあるウイルスのよう
    (とにかくお互いの接触ができない時点で、
    感染症って人類は苦手だろう
    と思います。)

    なんですよ。


    若い人って、
    色々な人を見て群れて遊ぶことで、
    まだまだ対人関係とか人の気持ちとかの勉強をしないとならないし、

    結婚相手も探さないとならない世代で、

    付き合っている人がいても、
    まだ本当にずっと一緒にいたいと思える人か
    確認しないとならないし、

    寂しい気持ちを紛らわすために
    都会に出て行ってしまうかもしれないし、

    まだ、やることが見つかってなくて
    お家にこもって何かしている感じでもない人がいる
    かもしれないしで、

    どうにもこうにも
    「群れる」傾向の高い世代だと思うんですよ。


    結婚していて、
    一緒に休日過ごす人がいれば、
    そこまで「都会に出るぞ~」とかならないかもしれないし。


    で、
    新型コロナウイルス対抗策に反して、
    群れちゃう人が
    人類的な弱点になっちゃう

    んですよ。


    ただ、
    僕たちには
    身体的に弱い方たちもいますから、

    できるかぎり、
    ソーシャルディスタンスを守ってもらいたい


    です。


    「新型コロナウイルス対策を取って」
    人通しの接触機会を増やせるように努力しているのですが、

    どれだけソーシャルディスタンスから
    身体的な距離を縮めるかの
    工夫を模索している状態


    のようです。


    基本は、
    「2m以上離れる、ウイルスに接触しない」

    なんですよ。



    <追記3>2020.07.16
    「家族といる」の意味が違う


    結婚していれば、
    「家族といる」=「妻か夫といる」
              つまり、「血縁的には他人といる」

    ですが、

    結婚していない場合、
    「家族といる」=「血縁関係のある人といる」
    場合が非常に多いでしょうから、

    家の外に
    相方を見つけに出かけちゃいます

    よねぇ。


    巣立ちの年頃で外に出たい衝動が大きいかもしれませんし、

    巣だった人同士で群れる時期のようですから、
    (基本はセックス抜きで。気を付けてくださいねw
    ちなみに、人を使わず、オナニーで済ましておきましょうw)

    しょうがないといえばしょうがないのですが、

    新型コロナウイルス的には不適切的になっちゃうんですよ。


    困ったことに。



    <追記4>2020.07.16
    大臣って
    内閣の「ブレイン」じゃないのか?


    ちなみに、

    政府の決定に唯々諾々と従っているだけの大臣なら
    あまり要らないんじゃないですか

    ねぇ。


    担当分野方面に明るい感じで
    政府の担当分野のブレイン(頭脳)でないと

    意味ない

    ですもんねぇ。


    自分の考えを持たずに、
    自分の考えで動いていない人に見えたら、

    (ちゃんと周りの人の話も聞いて、
    現状把握をしっかりしないとならないですよ、そりゃ。)

    「なんですか~、それ」っていう話なだけ

    なんですが。



    <追記5>2020.07.16
    東京が除外になった
    みたいですね


    もう少し感染者が各県に広まっていない方が
    格段に良かったと思いますが、

    とりあえずは東京除外で
    よりマシになったのではないか

    と思います。
    (でも、感染者の多い首都圏の県や大阪がありますけれども。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ