FC2ブログ

記事一覧

1044. 内閣総理大臣の責任って?

  • カテゴリ:政治
  • 安倍晋三内閣総理大臣は

    何でもかんでも「私の責任です」とかいって、

    不祥事に見えることに終止符を打ってる感じに見える
    んですよねぇ。


    安倍首相に吸い込まれて、終わる感じ

    で、

    特に責任に応じた行動は陳謝以外特に見られず、
    選手交代とかそういう責任の取り方って
    見られない
    んですよねぇ。


    憲法を見ると
    「○○の責任は内閣にある」とかしか書いてなくて、

    責任の所在はわかるけれども、

    責任を取るというか、具体的なペナルティがどうこうって
    書いてないじゃないですか。


    それで、
    「私に全責任があります。」&「陳謝します」で
    ノーペナルティ劇が続いているのかもしれません。


    で、
    「憲法改正か」というと
    そういう話ではなくて、

    「責任の所在」がわかった僕たちがどうするか

    というのは

    「あら、僕たちの自由じゃないの」ということのよう
    なんですよ。


    で、
    具体的に、
    責任を取ってもらうための
    有効な実際に能力を持った意思表示をする場
    って
    どこかというと、

    衆議院議員選挙とか、参議院選挙とかの一票のよう

    なんですよ。


    是非、そのような選挙の時には
    「責任が私にあります」の事件の「まとめ(一覧)」が欲しい
    ですねぇ。


    しっかりやっている現職には付け入るスキはない感じで普通、妥当ではないか
    と思いますが、

    この政権、不祥事が多いよう

    ですからねぇ。



    <修正>2020.07.11
    「で、
    具体的に、
    責任を取ってもらうための
    有効な実際に能力を持った意思表示をする場
    って
    どこかというと、」
    と変更しました


    読みにくいので、
    変更させてください。



    <追記>2020.07.11
    「不祥事を庇う」って
    大変なんだよねぇ


    様々な不祥事にしか見えないことを

    「私の顔と立場で」ぐらいの感じで、
    自分が保証をすることで

    自分のことも、他の人のことも
    庇っている感じが見えなくもないのですが、

    「どこまで浮かんでいられるか」

    っていう問題でもあるんですよねぇ。


    どうも、それを問える場が
    国政選挙のよう
    なんですよ。


    僕は基本的には

    実なく庇おうとしても、
    ロンダリングしきれずに、
    一緒に沈むだけだろう


    という認識なんですが。


    適切に対応したほうが
    信用は失われませんし、
    それどころか、みんなの評価は上がる感じ

    でしょうし。


    とにかく、
    自分は巻き込まれないで済んで、
    沈みません
    から、

    いつも通りの生活ができますよねぇ。



    <追記2>2020.07.11
    通常の一般常識的には
    考えられない対応でも


    一般常識的に見ると、

    「責任は私にあります。陳謝します」じゃ済まないんじゃないか

    という現実が
    多い気がするんですが、
    (現実に合わなさそうな見解がくっついてますよね。)

    「法律通り」で通ろうとしているんじゃないですかねぇ。


    「誠意のある対応かどうか」と「法律通りかどうか」は
    一致しないことがありますからねぇ。


    ちゃんと実効力のある選挙で
    意思表明しないとならないよう


    ですよ。


    議席数が決まってますから、
    充分埋められるだけの立候補者がいないと

    また、
    どうも困ったことの多い感じの自民党で
    埋まっちゃいますからねぇ。


    個人的に、
    「野党一本化」とかは「無理でしょ~」と思うんですが。


    政治家さんも「いい人」として頑張るとなると

    「知恵」「経験」
    「広く正しい現実、現状を知っていること」
    「防御の能力」
    「優しくて強いみんなと仲良くできる心」

    「考えて心で感じる力」
    必要じゃないか

    と思うんですが、

    「良い人」大募集ですよねぇ。
    (「339. 衆議院が解散したんですって」も参照ください。

    あ、
    一応日本国民で資格はあるのですが、

    僕は新しいものを発見したり考えたり、広めたりする方が得意で、

    議場にいるのが全くもって苦手というより、無理なので、

    政治家さんという選択肢を考えたことはありません。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ