FC2ブログ

記事一覧

1035. 「価値」って僕たちの心の感じ方で決めているんだよ

  • カテゴリ:丸暗記と考える力
  • 「価値」=「値段の高低」と
    思っている人いませんか?


    「値段」って誰が決めているんでしょう?


    普段お買い物をしている品物の値段を決めている人は

    自分じゃない、誰か、他の人ですよね。


    あれれ?


    他の人の決めた価値のアリナシに
    依存しているということは、

    価値のアリナシを他の人に決めてもらっている

    ということになりますね。


    じゃ、自分が値段を付けるときどうするんです?


    他の人の言う値段にしちゃうんですかね?


    「価値」って、

    何かを
    「大事だな。いいものだな」って
    心が感じたら、

    それは「価値のあるもの」になるし、

    「そんなに大事じゃない」って
    心が感じたら、

    それは「価値のないもの」になる

    んですよね。


    「自分にとっての価値のアルナシ」しか決めることはできないし、
    「自分にとって重要か、大切か」は
    自分の心に聞けばいいだけ


    なんです。


    そうやって自分の心で
    身の回りの物が大事かどうか感じていれば、

    何か新しいものに出会ったときに

    自分の心で「価値」を判断できるように
    なるんじゃないか

    と思います。


    貴重なものに対しても、
    「大事だ」と感じるようで、

    「価値がある」と判断されている傾向にあるよう
    です。


    「ありがたい」という感謝の言葉も、
    「有難い」という「あるのが難しい」という漢字を書くように、

    自分を助けてくれる手助けの人やグッズ、機会などが
    自分にとって貴重で、
    必ずしも手に入るものではないので、

    「ありがたい」という感謝の言葉になったんじゃないか

    と思います。


    「心で感じる」こと自体とても大切なことで、
    価値のあることじゃないか

    思います。


    心で決めることなので、
    普段から様々なことに心を使って感じていないと、

    (「どんな気分かな?」とか「自分はどう思うかな?」と
    心に聞いてみるといいかもしれません。

    何となく感じている気分が心です。)

    おかしな価値観の人間になってしまって、

    「そんな契約しないよ~」とか
    「そんな取引しないよ~」とかいう条件の詐欺話に

    ひっかかってしまう

    ということになりかねないだろう

    と思います。


    「価値」のあるなしも
    なんにもわかっていない人にはわからないことでしょうから、

    一つ一つ、自分にとっての価値づけ
    (他の人は違う価値づけするでしょうから、尊重しましょう。)



    感じてみるといいだろう

    と思います。
    (単純に数の大小というわけではないんです。)



    <修正>2020.07.06
    「感じ」を「漢字」としました


    です。

    すみません。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ