FC2ブログ

記事一覧

1034. うえぇ、本のお花畑がうんこまみれになっている!!!

  • カテゴリ:うんこドリル
  • という本屋さんがあるんですよ。


    僕が、このような題の記事を書きたかったのではなく、

    有り様をそのまま表したら、

    こんな感じになったんですよ。


    本屋さんって、

    本のお花畑じゃないですか。


    るんるんと散歩して、

    欲しい読みたい本を拾って、

    最後にレジを通ってお金を払って(←ここ大事)、

    お家にウキウキ帰るじゃないですか。


    そして、
    本によって教えてもらったヒントを元に
    この世の探検に出るわけですよ。


    そのお花畑が
    「うんこ」シリーズまみれで、
    どう見ても汚らしいんですよ。


    心をのびやかに
    自分の成長を願い
    手を伸ばす場であるはずの

    児童書の本屋さんの棚が
    この有様では

    「お勉強嫌い、本嫌いになってね
    (ついでに、バカになってね)」というメッセージが
    発せられているようにしか見えません。


    「本に乗っている知恵は甘いもの」という教えを
    ユダヤ教の方は
    「本の端に蜜を塗って」子供さんに教えているそうですが、

    本に対して、
    そういう汚らしい、印象を与えるような場の構築は
    許せません。


    「うんこ」という日常的に身近な、自分の体から生産されるものに対する理解が
    充分であることが
    生きていくうえで必要で大切であることは言うまでもないので、

    そのような正しい科学的、文化的な健全な図書があることは
    必要だと思います。


    しかし、

    子供たちが「うんこ」の話題になったときに
    人前に出すことが良くない、恥ずかしいという
    「タブー」に関わる話題であるからこその
    「騒ぎ」や「笑い」をしているのに、

    その気持ちがわからないからか、

    「子供はうんこ好き」という決めつけを行い、

    嫌がっている子がいることを無視して

    うんこのおしつけをしてくる大人がいることに
    唖然とします。


    うんこ関連の笑いは一瞬の笑いであって、
    何年も何時間も何分も続くような興味を
    持ち続けられるような
    話題ではないんですよね。


    その程度に低い、周囲の人間の心情の理解力の人に
    合わせて、

    (言葉の表す現実がわからない人に通じる人かもしれません。
    学校の勉強ができない人や知的障害があるという話ではなく、
    現実、周りの人の心情がわからない人がいるようなんで。)

    僕たちの生活レベル、クオリティ、
    学習レベル、クオリティを

    下げたり、遅らせてあげる必要はありません。
    (そういう理解力乏しい人たちが付いてこれないと困るんですかね?
    現実がわかる子になればいいだけなんですが。)


    子供のころに
    友達の心情がわからず、暮らしている人に
    勘違いしている人が多いようです。


    学校の勉強ができるできないという話ではないし、
    知的障害の程度の問題でもない
    別のトラブルがあるもようで、

    現実の観察力に乏しいのかもしれません。
    (言葉の表す意味が分からない人でしょう。)


    例えば、
    本人がうんこ好きな所謂変態であった場合、

    子供のころに、
    周りの人が
    うんこの話題で騒いだり、笑ったりした理由について

    「「タブー」が破られたからだ」という
    本当の理由に気が付かず、

    つまり、みんなが「うんこは好きではない、困ったものである」ことに気が付かず、

    騒いだり笑ったりしている理由を
    自分と同じ理由である
    (他に発想がなくて、一択でしょうから。)

    と思い込んで、

    「子供はうんこ好き」
    と思っちゃっているかもしれません。


    笑う理由、騒ぐ理由が、
    「許容である」、と

    勘違いしている可能性があるんじゃないでしょうか。


    非常に問題のある思考回路の持ち主であると
    言わざるを得ませんし、

    現実把握能力に乏しい人である

    と言わざるを得ません。
    (「1025. 成長を望まない人がいるみたい」や
    909. やんわり対応はOKじゃないよ~」、
    891. 中身を自分で咀嚼して理解できない人」と同じゾーンの人かもしれません。)


    とりあえず、
    本屋が置かなければいいだけなので、
    「うんこ好きな店員がいるんだな」というように
    思っておいておくべきなのかな?

    と思います。


    完全に子供に対する「いじめ」ですから、
    とっとと「うんこドリル」に関する書籍おもちゃは
    なくなって欲しいです。



    <修正>2020.07.05
    「そのお花畑が
    「うんこ」シリーズまみれで、
    どう見ても汚らしいんですよ。」
    と修正しました


    です。



    <修正2>2020.07.05
    「わだい」を「話題」としました


    です。です。



    <追記>2020.07.05
    人の返す反応って
    色々あるんだけれど


    「嫌だ」とか「嫌な人だ」と思ったら、
    「無視」することが多いじゃないですか。


    で、
    他の人の反応に飢えている人って、

    「嫌がられて、騒ぎになっている」
    「嫌がられて、いじられている」

    ような反応でも

    「人の反応アリ」的に思っちゃって、

    「反応されているから、俺好かれている」
    と思っちゃうみたい
    なんですよ。
    (長々わかるように、文句言っていても、
    「俺のことが好きなんだ」とか思っちゃったりする人もいましたしねぇ。)


    どうやら、

    人の返す反応の中にも

    「嫌」と
    「いい、ありあり、好き」の区別があることに
    気が付いていない人がいるみたい

    なんですよ。


    他の人の反応が
    「いい、ありあり、好き」の反応でないと
    他の人に許容されていない

    んですが、

    わからないんですかねぇ。



    <追記2>2020.07.05
    で、「うんこ」で
    話題取れたと思っちゃうみたい
    なんですよ


    みんなのうんこに対する反応が「0」ではないがゆえに、

    「『俺のしゃべったこと、持ってきたもの』が
    うけた、話題をとったぞ」

    と思っちゃう
    んですかねぇ。
    (となると、
    うんこの話題の提供者が喜んでることになっちゃいますよね~。)


    「うんこ」出せば、
    鉄板な話題じゃないんだけれど。
    (ネタナシ君に見えてきた。)

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ