FC2ブログ

記事一覧

1031. 性別欄は消せないのでは?

  • カテゴリ:仕事
  • 「履歴書の性別欄なくして」トランスジェンダーの訴え 面接でカミングアウト強いられ
    という記事があったんですよ。


    気持ちはわからなくもないですが、

    先に根回しをしておかないと、

    会社にとっては「どんな人?」と知る場で、
    自分にとっては「どんな人か」を伝える場である面接


    トランスジェンダーについて聞かれてしまうことになるかも
    しれないです。
    (会社側として、
    トランスジェンダーを受け入れるための準備ができているか、
    受け入れる自信ができるかどうかも含めて、
    無責任に誰かを会社で預かることはできないでしょうから。)


    働く機械を入れるわけじゃないんで、
    面接では人間性を聞かれると思った方がいい

    んですよね。

    体が女の人が入ってきたら、
    やっぱり男の人から守らないといけないでしょうし、
    (男の人も守られるべきですが)

    仕事遂行能力に性差はないとしても
    その他の点で性差というものは
    厳然としてあるので、

    会社側の新入社員の受け入れ準備だったり、
    仕事内容のことを考えても
    実際的には「性別欄」は必要だろうと思うんですよねぇ。


    受け入れる側の都合も考えずに
    自分たちの都合で、権利ばかり主張しても

    逆に、
    受け入れてもらいにくくなってしまわないか

    心配になるんですよ。


    何事も、
    お互いに了承、了解を得ることを
    最優先にしてみたら
    良いのではないか


    と思います。


    僕が、自分の性同一性障害を他の人に言うとき、

    僕は「僕が男である」ということは
    絶対確定事項のように思っていましたが、

    だからこそ、
    僕の方から絶対的に譲ることがないからこそ、
    (ありのままで男ですからねぇ。)

    自分のことを聞いてもらって、
    自分を改めて受け入れてもらいたい相手の気持ちを
    押しのけるような主張の仕方は
    しなかったつもりです。
    (様々な行動に、心が男であることはにじみ出ていたようで、
    「昔からの僕のままなら」という感じで、
    受け入れてくれた人が多かったように思います。)


    相手の考える時間を渡すことを含めて
    「根回し」や「先に了解を得ておく」ことは大事じゃないでしょうか。





    <追記>2020.07.01
    特別に配慮が必要な人は


    先に、了解を得ておくのが

    受け入れ側に対する思いやりで、

    「世話になる側」としては
    当たり前の配慮です。

    (そういうのができないと、
    社会人としてよろしくないと言われ、
    会社に入れなくても文句は言えないでしょう。)


    性同一性障害、性別違和の人に限らず、

    どんな人でもそうです。




    <追記2>2020.08.21
    あら、発売されたみたいですねぇ


    朝日新聞さんによると
    性別欄のない履歴書、コクヨが発売へ 当事者の要望受け」だそうですよ。

    作ったコクヨさんが悪いとは決して言いませんが、

    <追記>にあるように

    受け入れ側に特別な配慮を求めないとならない人

    入社試験などを受ける前に
    事前相談しておくこと




    一般社会人としての配慮だろう

    と思いますよ。


    自分の権利ばかり押し通してばかりで、
    相手の事情をおもんばかって配慮できない人
    と思われても

    文句言えませんから。


    他の社員さんに言って欲しくないなどの事情を含めて、
    自分の特殊事情をちゃんと説明して交渉できないのは、

    交渉事、折衝が苦手で、
    「これでは会社内や会社の代表としての仕事が務まらないかもしれない」

    と思われる可能性もありますんで。




    <追記3>2020.08.21
    「問い合わせ」から入社試験


    通常は
    会社、団体さんへの入社試験って

    人物評価が重要視されますので、

    (店員さんの人数集めを重視した
    寄せ集めの会社さんやお店さんがあるよう
    ですけれど。)

    「問い合わせ」、「お客としての態度」なども
    考査に入っていると考えるべき

    なんですよ。
    (考慮に入れるのは自由ですから。)


    なんで、
    「どんな風に応募してくるか」も
    当然のことながら、
    入社試験の考査に入っている

    んですよ。
    (人柄が出ますからw)


    「交渉事ができない」のは
    「能力査定に関する事項」
    でもありますが。



    <追記4>2020.08.21
    「障害や性別が理由ではない
    あなたが採用されない原因となるかも
    しれない」
    と言いたい


    わけですよ。


    逆に

    障害を乗り越え、みんなと共存する努力をした経験があることで

    より柔軟に
    周りの人のこともおもんばかって
    交渉ができる


    なら、

    その心、気持ちと能力が
    他の特に問題を持っていない人との差別化となるかもしれない


    んですよねぇ。


    頑張りましょう。



    <修正>2020.08.21
    <追記2>の赤を変更しました


    すみません。



    <追記5>2020.08.22
    自分は自分でいいんだけれど


    「自分は自分」でありのままでいいんですが、

    受け入れる相手の心情や事情も
    考えたほうが
    (ざっくり言って、「相手のことを考えたほうが」)

    相手に嫌がられないんじゃない

    ですかねぇ。


    車いすの人だって、

    横幅や前後の幅は普通の人より大きいですから
    ねぇ。


    やっぱり、
    「俺、通るとき、
    他の人よりおっきいから、ちょっと気を付けてね」
    ってなるじゃない

    ですか。


    大きいのは悪いことではないけれど、
    暮らすのに相応に必要なもの
    ってあります

    もんねぇ。

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ