FC2ブログ

記事一覧

570. ヴィヴァルディさんの「春」を演奏してみた

  • カテゴリ:遊び
  • ざっくりしたお題ですが、演奏してみたんですよ。どうぞ~。...

    続きを読む

    569. 「あれ?この人いるんじゃないのかしら?」(フェルメール展)

  • カテゴリ:解釈<2>
  • 前の2個の記事で解釈を書かせていただいたので、もう一つおまけを。フェルメール展の7番の絵の中に別の絵として出品されている人(絵の中の人)がいるような気がします。文献で確かめたわけではありませんが、そんな気がするんです。(Web Gallery of Artさんの言葉書きと図録には載ってないのです。)時間に余裕があったら、余興に探してみてくださいまし。(同時代の絵が多くて、面白かったんですよね。)ちなみに、僕が現場で...

    続きを読む

    568. 「ワイングラス(ヨハネス・フェルメール)」を見た

  • カテゴリ:解釈<2>
  • 現在、上野の森美術館で公開中のフェルメール展に行ってみたんですよね。の第2弾です。(前の記事「567. 「手紙を読む女 (ガブリエル・メツー)」を見た」も、どうぞw)ヨハネス・フェルメールさんの作品なんです。ですよね。(もちBEAT君もびっくりのようです。)「ワイングラス(the Wine Glass, またはA Lady Drinking and a Gentleman)」という作品についてなんです。(この絵はWeb Gallery of Artさんに画像のリンクが張られ...

    続きを読む

    567. 「手紙を読む女 (ガブリエル・メツー)」を見た

  • カテゴリ:解釈<2>
  • 現在、上野の森美術館で公開中のフェルメール展に行ってみたんですよね。そしたら、「手紙を読む女 (ガブリエル・メツー)」があったんですよ。こんな絵で、(この記事の絵はWeb Gallery of Artさんに画像のリンクが張られています。)「手紙を書く男(ガブリエル・メツー)」という絵ととこんな感じで対になっているという絵なんです。男の人が手紙(恋文と思われる)を書いて、女の人が受け取って、夢中になって読んでいるという...

    続きを読む

    566. 普通に近所づきあいできないのはちょっと 困る気が

  • カテゴリ:仕事
  • 最近、ブルブル大きな音を鳴らして走っているバイクさんや車さんが多い気がするんですよね。僕が社長なら、(現在のところ、採用計画はありませんが。)社屋に出入りする度に「ブルブル大きな音がする」とか通勤時にどえらい音を立てていて、通勤経路の沿線の人に迷惑がかかっているとかって、結局、穏和に近所づきあいができない人ということですから、(会社の周りの住民の人と仲良くできないってことじゃないですか。)雇えない...

    続きを読む

    565.  対等でないのは恐いですよね

  • カテゴリ:自由と独立
  • 誰かに迷惑をかけたとしましょう。やり逃げしちゃって良いですかね?誰かわからなければ良い?どうでしょう?迷惑をかけた時点で、「迷惑な人」、「自分のやったことの始末の付いていない人」ということになでしょうから、「他人に迷惑をかけていない人」や「迷惑を被った人」から、「一人前の人」として対等には扱ってもらいにくいんじゃないですかね?なので、ちゃんと「おわび」を入れて、後始末をつけないといけないんですよね...

    続きを読む

    564. 学術論文出版での疑問

  • カテゴリ:世の中の?
  • 「ファニーステップ」では、「議論の前提となる現象や考えから提示して、そこからの僕の議論展開を理解しつつ、最終結論が正しいか考えてもらえる」ようにしているのですよ。そのようにして、「みんなが記事の内容を確認できるようなシステム」にしてあるんです。これらはこれまでに何度か書いたように、学術論文の確認システムを適用したものなんですが、学術論文って、出版するときに、著作権が全部出版社に委譲されるのが一般的...

    続きを読む

    563. プロの疑問

  • カテゴリ:研究とは
  • どうやら、スポーツのような肉体で表現される活動ではなく、「頭脳労働」という一見して目に見えない活動に関しては相手の考えたことを自分の思考体験の経験の延長として想像しにくいもののようで、自分よりすごいとなおのこと、その程度感をあまり感じられにくいのではないかと思うんです。(スポーツなら、走ったことがある経験からランナーさんを見たり、「すごいな」と感じられるかもしれませんが。)誰でも考えることができま...

    続きを読む

    562. 「発表の機会」と「考え直し」

  • カテゴリ:研究とは
  • とある大学さんのお話で、「研究休暇中」に講演することは研究活動から除外する的な扱いらしいのですが。(結局、講演されているので、問題はないんですよ。)でですね、「発表」することと「研究活動」についての僕の考えを述べたいと思うんです。研究者の取り扱っているものが何かというと「世界で唯一その人しか知らない事実の発見」というのがあります。これが、研究者の成果であり、実績です。ただ、一般的に正しいと認められ...

    続きを読む

    561. 漢字ドリル 17 (生)

  • カテゴリ:漢字ドリル
  • 久しぶりの漢字ドリルです~。今回は「生」」という字です。「生」は深いですからね。読みも多いですし、内容も多いしで4ページになりました。「生」に関する全てを網羅できているとは自信がありませんが、こんな感じにしてみました。です。どうぞ~。...

    続きを読む

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.10.18更新
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ