FC2ブログ

記事一覧

1141. 人の違いと分けること

  • カテゴリ:人の区別
    人それぞれ違いがありますよね。上記の文は同じ人はいないのだから、正しそうです。そして、今、ある物差しにおいて良くできている人から良くできない人まで順序にして並べたことにしましょう。右端(良くできる人)と左端(良くできない人)を見比べると2人の性質は大きく違うように見えたり、片方にはある性質が、もう片方には「ほぼ0」ぐらいで見当たらない感じに見えたりするだろうと思います。では、どこに、ある性質を持っ...

    続きを読む

    745. 気にすべきところは他にある気が

  • カテゴリ:人の区別
  • 差別をするのが普通の人がいるみたいなんですよ。(間違えに気が付いて、反省してらっしゃる方は違いますが。)良い人を「差別」とかして訳の分からない刃でぶった切っている場合じゃないと思うんですよ。はっきりと危ない人間像の人っているんじゃないかと思うんですよねぇ。人を喰う人を人の集まり、集団に入れることは危なくてできないじゃないですか。僕、個人的に一番、気にしたいのはそこなんですよねぇ。「人を喰わないいい...

    続きを読む

    722. 「孤独」だからって「自分への特別視」とは関係ない

  • カテゴリ:人の区別
  • 性同一性障害の人でもたまに見かけるんですが、大多数の男の人、女の人と自分は違うそして、人数が少ないということに特別感を感じて、優越感というか、プライドを持っている人がいたりするんですよ。男性は男性の魅力があって、女性は女性の魅力があって、それより何より、人としての魅力が人にはあると思うんですよね。別に、「セックスできる相手かどうか」だけで、世界を2つに分ける必要はなく、どちらかというと、そのような...

    続きを読む

    546. 他人をディスりたくなったら

  • カテゴリ:人の区別
  • 基本的に相手の好ましくない行動についての問題点を指摘するということがよろしいのではないかと思うんですよね。「人間性を否定しようとする」という行動について考えてみます。人は生きている間、成長し変化していく生物だと思うので、丸々否定するでも肯定するでも、「断言する」という行動自体が難しい対象だと思うんですよ。(相手を理解できる力量が、自分にあるかどうかも、考慮に入れないといけませんし。)「現在のこの人...

    続きを読む

    526. 「人に迷惑をかけて気分が良い人」が困る理由

  • カテゴリ:人の区別
  • 僕、このサイトで「人に迷惑をかけて気分の良い人」か「人に迷惑をかけて気分の悪い人」かの区別をすると書いているんですよね。その理由は、何度も書いているように「志を立てた時点で、迷惑になる方向性の志を立ててしまうかもしれない」からなんですよね。「自分のやりたいことを、自分が楽しいように、快感に感じるように行動する」というのが、人の行動選択の基準として大きいと思うんです。(快感原則と言われている本能の一...

    続きを読む

    489. 「心失者」って何ですか?

  • カテゴリ:人の区別
  • NHKスペシャル「“ともに、生きる” ~障害者殺傷事件 2年の記録~」を見たんですよね。「心失者」とは「心を失っている状態の人」という概念を表現するために犯人の作った造語だそうですけれど、現実としては当てはまる人がいるかどうかというのが問題なんですよねぇ。いるんですか?生きている人みんなにちゃんと脳が付いてますよ。その活動結果として心があると考えられているんですが。心のない人なんていないはずなんです。そし...

    続きを読む

    459. 「他人に迷惑をかけて気分のいい人」って

  • カテゴリ:人の区別
  • 「他人に迷惑をかけて気分のいい人」か「他人に迷惑をかけて気分の悪い人」かで人の区別ができると思っているのですが、結局、「他人に迷惑をかけて気分のいい人」って他の人の持っている価値、作り出した価値、つまり、命とか持っている財産だけでなく、・・・(*)楽しい気持ちとか楽しい時間とかその結果の思い出などを傷つけて目減りさせているんですよね。価値生産してないんですよねぇ。ナイスな社会的なシステムも僕たちの...

    続きを読む

    313. 人の区別と殺人

  • カテゴリ:人の区別
  • <改訂後>2017.10.19人ってお互い全く同じ人ってこの世に2人といないですよね。一卵性の双子の赤ちゃんだって、2人の右側から世界を見ているか、左側から世界を見ているかで違いができるかもしれませんし、そもそも生まれてくる順番違いますしねぇ、大人になるまでや、大人になってからの経験が異なるので、大人になると、区別しやすくなってくるぐらい違ってきますよね。人にはそれぞれ、命があって、心があって、同じように痛...

    続きを読む

    306. 花見と敷物

  • カテゴリ:人の区別
  • 桜の木があったとしましょう。沢山あってもいいし、1本の大きな木を想像しても構いません。花見の季節になって、みんなが花見をしようと集まってきました。一人一人、思い思いに自分の居心地の良い大きさの敷物を敷いて、思い思いに花見を楽しんでいるとします。敷物を敷くときに、自分に必要で居心地の良い大きさの敷物は確保しますが、みんなで楽しめばよいので、お互いに譲り合うということもするかもしれません。みんなで楽し...

    続きを読む

    220. 人の区別

  • カテゴリ:人の区別
  • 「人を差別しちゃいけません」と言われますよね。妙な言いがかりをつけて、相手に不利益を被らせることになるからですよね。僕は、このサイトで、「人に迷惑をかけて、気分の悪い人」と「人に迷惑をかけて、気分のいい人」という表現をしています。人はなにがしかの物事の局面に遭遇するとなにがしかの感情を感じるんだと思います。そのときの感情は、「気分がいい」「悪い」の2通りに分けられるんだと思うんです。(何も感じない...

    続きを読む

    92. 人を見るとき

  • カテゴリ:人の区別
  • 人を見るとき、僕は、「人に迷惑をかけると気分のいい人」か、「人に迷惑をかけると気分の良くない人」かに注目をします。本意ではなく、人に迷惑をかけてしまったにちがいないと考えられたり感じられたりするときは、悪いことは指摘しますが、基本的に非難することはありません。(何か原因がある場合が多いですし。実は、その原因のせいで本人が困っていることもあるんですよ。)確実に悪いことをして喜んでいるとわかるときには...

    続きを読む

    6. 優生思想について (そういう人の区別の仕方はできない)

  • カテゴリ:人の区別
  • とんでもない事件が起きました。びっくりしすぎて、おどろいてます。なんで、殺す必要があるのか、その行動によって自分の存在意義を(おそらくは自分の中で)証明しないといけないのか、がわかりません。一連の報道の中で「優生思想」という言葉がありました。一方向から、自分の信じたい価値基準の向き(沢山ある価値基準の中の1つでしかありません)から、人の持っている特性を価値判断しようとする考え方だと思います。一人の...

    続きを読む

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.12.20更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ