FC2ブログ

記事一覧

1013. 「もったいない」を英訳してみると

  • カテゴリ:解釈<3>
    「日本の文化中にはよく使われる言葉」と言われているし、実際、よく使う言葉に「もったいない」という言葉があるじゃないですか。外国語にあまりないもようでなおさら、注目がされているようなんですよ。なんで、その心を含めて、英訳を考えてみました。英訳(ファニーステップ版)1.Do not waste or lose your having resources.2.Do not waste or lose your living chances by wasting and losing your having resources.Th...

    続きを読む

    986. 「GDP」って何?

  • カテゴリ:解釈<3>
    「GDP」って「国内総生産」と言われていて、「国内での総生産」についてなのですよね。みんな、価値生産をして、消費をしてくらしています。が、「GDP」で量られるのは「金額」ですから、「お金と交換された価値」のみについてです。ですから、「売り買いされた金額」についての国内総和に直接つながりのある金額となります。<追記3>で書いたように、「国内総消費額」=「GDP(みんなの所得の合計)」ー輸出額+輸入額...

    続きを読む

    972.「障がい者」という概念について

  • カテゴリ:解釈<3>
    「障がい者」ってどういう人か僕の考えを書きたいと思います。(GIDだったりなど、当事者だったりもするのですが。)「健常者」という人間の本能的に持っているべき能力が揃っている人(あるレベルを超えている人)がいます。(大多数の人を観察して、人間の本来持つ能力に照らし合わせて、どういう人物像かがわかるものだろうと思います。)僕たち人間は自分の体に合った生活をしていて、自分の体にない翼を使って直に飛ぶこと...

    続きを読む

    850. 切り取らないで~!!

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 今日、国立西洋美術館に行ったんです。今日までだったのですが、「内藤コレクション展 ゴシック写本の宇宙」をやっていたんですよ。(リンクが西洋美術館さんのサイト運営の都合で明日か明後日ぐらいに切れちゃうかもしれないです。)昔の装丁の豪華な本で「彩飾写本」というのがあるそうなんですよ。や(国立西洋美術館の「内藤コレクション展」の画像にリンクを貼ってあります。)という感じのものらしいんですよ。内藤裕史さん...

    続きを読む

    661. 保証のできないことは普通しないと思うんですが。

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 自分で保証のつけられない行動、保証が付かない行動ってしないほうがいいんですよね。安全であるという保証がないですから。「安楽死」の一般論についてですが、僕の考える事を書いてみたいと思います。前もって知ること、価値を知ることが人知を越えているがために人の力では知ることができない「生命、死、これから起こるであろう様々な出来事(喜ぶこともあるかもしれません)、すなわち未来」について、医者である人間が査定を...

    続きを読む

    498. 「人の経験」と「哲学」

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 人それぞれに「この世はこんな感じ」とか「人ってこんな感じ」で「人としてこんな風に生きた方が良い」とかの考え方って持っていると思うんですよ。系統立てて話が出来ていなかったり、文章の形になっていなかったりするかもしれません。でも、皆さんの心の中に必ず、なんらかの哲学としてのイメージがあって、それは本人の見聞してきた経験によるものが大きいと思います。ですから、良く言われることとして、「哲学」としての「誰...

    続きを読む

    484. 見え透いたワナ考

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 西日本で大変な豪雨が降り、大変なことになっている方が沢山いらっしゃるようです。(亡くなった方、行方不明の方も沢山いらっしゃるようですし。)雨を乗り切ってもまだ大変だというお話ですが、今ある健康や安全の確保を第一にして乗り切っていただけたらと思います。(漢字ドリルは当分お休みです。)------------------------------------------------題のお話です。何か、明らかにおかしい物とか、価値がない物を価値があるよ...

    続きを読む

    423. 「十分」と「充分」の違いの感想

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 豆知識特集のテレビ番組を見ていたのですが、その中で扱われていた言葉をきっかけにしてちょっと考えてみたいと思います。心を使う言葉って気になるんですよね。心が十分に使われているかどうか、って大事じゃないですか。(この場合の「十分」は、自分の使える心の量を全部使って感じているという意味です。)「十分」は「物理的に満たされていること」で、「充分」は「気持ちが満たされていること」という正しい言葉の解釈でした...

    続きを読む

    396. 生存戦略について

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 進化(時間経過に伴って生物種が変化すること)の授業でも教わる通り、生物は環境に適している生物種が生き残ってきたんですよね。どんな動物も、安全に生存するためには、とにもかくにも、この世に関する正確な情報が重要になります。人間は大脳が発達し、人間社会を作って、道具を用いることで生き残りやすかったんだと思うんです。また、穀物などを大規模生産し、大きな人間社会を作っていますので、直接自然の脅威にさらされる...

    続きを読む

    348. 2の倍数と3の倍数

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 以下の議論が、どこかに出ていないか心配ですが。(とりあえず書いておきます。)無限大という言葉があるじゃないですか。数直線の大きい方の果ての果て。線を引くことができないし、具体的に表せないので、抽象的な概念ですよね。自然数(日本では0を含まない、正の整数)も無限大までありますから、無限個あるということですよね。2の倍数と3の倍数の個数ってどっちが多いんでしょう?100までの数とか区切られていると、5...

    続きを読む

    303.  プレートテクトニクスと運動学と力学と

  • カテゴリ:解釈<3>
  • NHKスペシャル「列島誕生 ジオ・ジャパン 第2集 奇跡の島は山国となった」を見たんですよ。「列島誕生 ジオ・ジャパン 第1集 奇跡の島はこうして生まれた」も先週見たんです。素敵ですよね、和食のテーマである、「自然をいただく」ということに絡めて、(このブログでも、57. 和食の企画で特集しています。)どのようにして食材が生まれる元となった日本列島の自然である地形が生まれたかという番組の導入ですし。プレート...

    続きを読む

    243. 四天王と邪鬼

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 前の記事で242. 酒と伝説の解釈を書いてみました。どーんと、次に行ってみましょう。と言っても、この記事を書きたいがために、今までコツコツと積み上げてきたわけではありませんので、(もう、僕の人生終わっちゃうんですかねぇ。イミフですね。そういうつもりはありませんよ。)234. 人生の長さと価値観で書いたとおり、(幸い、余命を宣告されてはいませんが)本人の楽しいことをやっていますので、楽しく次に行きましょう。...

    続きを読む

    242. 酒と伝説

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 123. パワーステッカー 第1弾の13 「酒飲んで ほんとの俺が 見えてくるで、お酒の性質について考察をしました。そこから、「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)伝説」について、考察をしたいと思います。<八岐大蛇(ヤマタノオロチ)伝説>「素戔嗚尊(スサノオノミコト)が8つの頭を持つ大蛇の8つの頭を切って、最後にしっぽを切って大きな刀をゲットする」というお話ですが。そのときにお酒を飲ませて眠らせるんですよね。伝説...

    続きを読む

    222. 「人の心に悪魔が棲む」と言う表現

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 「人の心に悪魔が棲む」と言う表現を耳にすることがあるんですよね。新旧どちらかというと、古典的なものの中に存在すると思うんですが。この表現は、「その人の心+悪魔」の状態であると感じて言いたいのか、「その人の心=悪魔」の状態であると感じて言いたいのかよくわからないんですよね。昔だと今ほど認知科学というものが発達していないので、昔の人がどの様に悪い人に関して感じていたかという手がかりになるんだと思うんで...

    続きを読む

    173. 貯金の謎(話半分でw)

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 今日、両国にある江戸東京博物館に行ってきたんですよね。戦国時代展を見てきたんですけれど(明日までだそうです。)。様々興味深いものがあったのですが、その中で、15世紀の京都市下京区四条河原町にあった染物屋さん(推定)のお宅から出てきたという大きな壺(水瓶ですかね?)に入った銭が5万枚ほど展示されていたのですが。どうやら、時価数百万円ほどあったそうなんですけれど。その頃って、京都は戦火で町が焼けたと思...

    続きを読む

    114. 「説教」と「昔話」と「自慢話」だってさ

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 昨日の朝日新聞の「Be」に「呉座勇一(さん)の交流の歴史学」というのがあって、「中世の自慢話」というお話があったんですよね。高田純次さんのお話を例にして「説教」と「昔話」と「自慢話」の話があったのですが。好まれる「説教」と「昔話」と「自慢話」と嫌われる「説教」と「昔話」と「自慢話」ってあると思うんですよね。嫌われるのは、自分の話をすることで、実は相手を見下そうとするときで、相手を貶めるのが目的でな...

    続きを読む

    100. 技術と使う人

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 「一般化され理論化された技術」というものは、基本的に言葉で教えることができるんですよね。「見たり聞いたり味わったりして、体で覚えて再現する」というのは、身体感覚を自分の中で生み出すのに近い状態で再構築するので、身に付けられる人とそうでない人がいるのですが、(感性というのも、完全コピーはできないものの一つです)言葉で教えられる技術というものは、論理的に理解できるし、容易に脳内で再構築できるので、誰で...

    続きを読む

    77. あったらいいなの、枡形虎口

  • カテゴリ:解釈<3>
  • お城が日本中にあったそうですね。一説では2~3万以上も築かれたらしいですよね。お城は動けないので、攻めに行くことができないので、攻めるための根城にはなりますが、基本的に城の構造物が活躍するのは、敵襲から守るときになります。敵が入って来れないようにするのが、命を守るのによいのでしょうが、何せ、自分の城に自身が入らなければならないし、物資も入れないといけない、などなど利用の面から入り口をつけないといけ...

    続きを読む

    66. その出来事は何代前のじいちゃんの頃の事なんだ?

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 歴史的事実は西暦などでいつ起きたか表されますよね。要するに、地球が太陽の周りをが何回分回った前なのかという指標なのですが。これが、自分の15代前のじいちゃんの頃かな~とか思えると、さらに身近になると思うんです。自分自身の何世代前かということがわかると、別の見方ができるような気がするんですよね。(別の物差しができるということで)例えば、30年ぐらいで1世代だと思うと、(伊勢神宮の遷宮は20年に一度で、職人...

    続きを読む

    58. 「自然を、命をいただく」ことを考えてみた

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 前の記事の和食の企画で、自然をいただくことを考えてみたのですが、自然をいただくって実際どういうことなのか実際に体験しよう、と考えてみました。実は僕たちは自然に囲まれて、自然の一部として生を受け、生きています。なので、自然を感じて生きることは、とても豊かなことなのではないかと、考えていました。どうやったら四季を心で深く感じながら、生きて行けるかということを考えたところ、僕たち人類は元々葉を皿にして食...

    続きを読む

    23. 「価値観」って何だろう?(文化って何?その3)

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 「価値観」というものが、何者かを考えてみました。「価値観」がいわゆる「考え方」と言われるものの中でどういう位置を占めるのかについては先のブログの記事の「文化」に「考え方」は入るのか?でちらりと、出てきました。「文化」に「考え方」は入るのか?の続きの議論です。(議論の順番に並べると、文化って何?が最初の議論で、「文化」に「考え方」は入るのか?が2番目、この記事は3番目になります。)「価値観」というの...

    続きを読む

    22. 「文化」に「考え方」は入るのか?(文化って何?その2)

  • カテゴリ:解釈<3>
  • 大本のサイトのファニーステップの根本の根の小学生編の9.文化って何?に関して、「文化の中に「考え方」が入るのではなかろうか」という非常に重要に思える意見を個人的にもらったので、一考してみました。とても重要なようなのですよ。小学生編の9.文化って何?で議論した文化(行動様式)は5つの性質(発生、伝播、継承、固有化、交流)を持つと議論しました。どうも、「考える」という行動以外の意識的な行動は、小学生編の9....

    続きを読む

    9. 木の幹ってなんなんでしょうね?

  • カテゴリ:解釈<3>
  • プラスチックって便利ですよね。軽いし、割れないし、衛生的だし。でも、木の食器ってなくならないですよね。レンジで使えないけれど。僕たち日本人の文化として、僕たちは木や紙を利用してきました。住宅などで、木のない生活は考えられません。しかし、僕たちは、木を消化する酵素を持っていないので、牛や豚のように木を食べることができません。つまり、食べることのできない生物なんです。消化し自分の命とするという行為がで...

    続きを読む

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.12.20更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ