FC2ブログ

記事一覧

1292. 不登校など

  • カテゴリ:教育
    「不登校」って大変なことなんじゃないかと思うんですよ。基本的に、大体の人は自分が成長することを望んでいるし、大人になっても今の子供のままだと「まずいだろうなぁ」と思っているだろうしで、そういう自分が育つために必要な場から離れざるを得ないというのは大変なことじゃないかと思うんです。お友達と遊ぶ場はお友達が一緒にいないとできないことなので、時間としては、一人でできることより優先して確保するべきだろうと...

    続きを読む

    1291. 「頭いいかどうか」ねぇ

  • カテゴリ:教育
    「誰かが頭いい」ってどうやったら示せるんでしょうね?僕は、子供の時も大人の時もですが、解けた問題、理解した問題がどんなでどれくらいのヒントでわかったか、解けたかではないかと思うんですよね。大人になったら、IQがどんなに高いか、とかどんな大学を出た、とかどんな問題を小さい時に解けたか、とかじゃないと思うんですよ。大学入試って、模範解答があるものですし、小さい時に解いた問題もたいていが誰かがすでに解い...

    続きを読む

    1254. 「教育基本法」(とりあえずのメモ的な)

  • カテゴリ:教育
    ちょっと真面目に「教育基本法」を読んでみたんですよ。「ちょっと真面目に」ぐらいなんで実際はもうちょっと細かく読んだらよいのかもしれませんが、大事なことに気が付いた感じなのでとりあえず気になることを書いてみたいと思います。おおまかには素敵な教育に関するアイデアが書いてあると思うのですが、「教育基本法」で足りなさそうなことがある気がするんです。全体として1.「民主的で文化的な国家」を目指す国の教育とし...

    続きを読む

    1102. 先生的には「ご自由に(お勧めはこっちだけれど)」

  • カテゴリ:教育
    先生業もやったことがあるのですが、「先生」って生徒さんが自分の言うことを聞かなくてもそんなに慌てふためくことはないんですよねぇ。ただし、先生の言っていることが現実的に正しくて、質が高い場合だけですけれど。先生の人生にとって「どうのこうの」というより、生徒さんが自分の人生をかけて勉強している事実の方が大きく重いんですよ。なんで、先生をバカにしたい生徒さんがいる場合、その人は取り入れる価値のある事項を...

    続きを読む

    1092. オンライン入試

  • カテゴリ:教育
    オンライン入試が施行される大学があるそうですねぇ。もう、割り切って、持ち込み可のテストと同じ感じで、考える力を問う問題ならなんとかなるかもしれませんね。ただ、基本的な教養が頭に入っているかどうかを問いたい場合にはちょっと不向きだろうと思います。また、「カンニングし放題じゃん」とばかりにカンニングをして大学や大学院に行っても入学後にその大学レベルの頭の良さやパフォーマンスを要求されてできないでしょう...

    続きを読む

    1070. 勉強しか教えられない人って大丈夫?

  • カテゴリ:教育
    学校の先生で、「僕、先生なんで、勉強教えるのが仕事で、それ以外やらないです。仕事量多いです。」と言っている人がいたのですが、学習指導要領に沿って、教科書などの内容が決められたものに関してしか扱えない、しゃべれない職業としてしまうと、その人本人の思想、心を表現する機会がないんですよねぇ。なんで、勉強を教えることしか職業として要求しないと、先生という職業に犯罪者が紛れ込みやすくなるでしょうねぇ。教師、...

    続きを読む

    991. 9月入学がなくなったそうですね

  • カテゴリ:教育
    となると、この年度における学習が足りなくて、将来的に年が上がって学年が上がっても、学力が伸びにくい状況が多発する可能性があるだろうと思います。なぜなら、僕たちはちゃんとわかった概念を元に、新たな理解を構築するしかありませんので、将来の学年において必要とされる準備ができていないとその学年での学習ができないことになってしまうからです。わからないところまで遡って、理解をしていかないとその課題を理解するこ...

    続きを読む

    797. それはやる必要のある仕事ですか?(学校の先生)

  • カテゴリ:教育
  • 学校の先生のお仕事がとてもブラック状態なんだそうなんですよ。その中で聞こえてくるのが、「授業の準備が大変で間に合わない」という声なんですよね。実は、高校生までの学習内容って小学校、中学校、高校と学習内容の範囲が決まっているがために丸暗記で東大に入れてしまっている人がいるぐらいなんですよね。(理解できずに丸暗記をしているとなると(「600. 「丸暗記」が生まれるとき」参照ください。)考える事のできる人が...

    続きを読む

    615. 片付く前にみんなで確認しておきたい

  • カテゴリ:教育
  • 僕、国立科学博物館って素敵なところだと思っているんですよ。展覧会にもよく行っていて、年間パスがありますから、お散歩道にもできるんですよね。そして、僕は国立科学博物館の応援もしたいんですよ。敵に回りたいんじゃないんですよ。が、今回「ちょっと、これはまずいんじゃないかな」というのを発見したんですよねぇ。3月3日まで開催されている「明治150年記念「日本を変えた千の技術博」」でですね、大正時代に女性科学者...

    続きを読む

    602. 全員対応の場合、必要になること

  • カテゴリ:教育
  • 小学校4年生の女の子が父親に殺されるという非常に痛ましい、悲しい事件が起きてしまったそうです。家庭内暴力というような言い方をされますが、実際は犯罪行為でしょうから、被害者である家族を、加害者である別の家族の元へ戻すこと自体が普通の犯罪の被害者を加害者の元へ送る事がないことを考えると良くないのではないかなと思います。親の再教育がどのようになされて、親が更正したとどのように見なしているのかはわかりませ...

    続きを読む

    559. 日本の英語教育の行方を考えてみると

  • カテゴリ:教育
  • 日本の英語教育をどうやら変革をしたいそうですねぇ。(僕の個人的な意見を書いてみますね。)どうやら、会話能力を増やしたいということで、読解の時間が減りそうな感じらしいのですよ。アメリカの旅行をしたときに見かけたのですが、他の国の観光客さんにはレジで会話や冗談の言い合いがあっても日本人だとわかると、とたんにレジの人が黙っちゃうんですよね。なぜかというと、どうやら、日本人観光客に話しかけても黙っていて、...

    続きを読む

    310. 根本の根につきまして

  • カテゴリ:教育
  • 僕のサイトに根本の根というコーナーがあるんですよ。僕、実はですね、個別指導塾などの講師をやっていたんですね。1998年から、とぎれとぎれで全部で11年ぐらいですけれど。学力的には、知的障害者と健常者の中間の所謂ボーダーに対応しそうなお子さんから東大受験をする子まで、小学2年生から高校3年生、浪人生、大学1年生までですね。中学入試もやりますし、高校入試、大学入試も担当しました。科目は、算数、国語、理科、...

    続きを読む

    289. 寝たいだけ寝ていて良かったんですね

  • カテゴリ:教育
  • NHKスペシャルの睡眠負債が危ないを見たんですよね。本当は288. あら、採決しちゃったのがひどすぎる気がするので、もう少しブログのトップにしておこうと思ったのですけれども。僕は、僕が睡眠について勉強した30年ほど前から最近まで言われていたことが気にかかりながらも、「その場でのパフォーマンスが命」的に活動をしてきたので、日中、”頭がすっきりしている”という状態になるように20歳以降、「寝たいだけ寝る」という...

    続きを読む

    236. 教育者の言動と教育理念

  • カテゴリ:教育
  • 前記事235. 人の行動と責任で、教育理念(どういう人間像が望ましいか)というように書いたんですよね。「どういう人間像が望ましいか」というのは、他人についてや他人のお子さんについてのみ考慮に入れられているものではなく、何よりもまず、自分自身のなりたい人物像であるんじゃないかと思うんですよね。「教育者」という「他者に何らかの影響を及ぼす」というお仕事の形態上、他人についての思索の結果であると思われがちで...

    続きを読む

    プロフィール

    高久 真生(たかく まさお)

    Author:高久 真生(たかく まさお)

    ブログのポリシー私ってこんな人に準じます。(コピペができてしまいますが)
    各自正しいか、妥当か確認の上情報を取り入れてください。
    ブログの名前の由来(その2)
    カテゴリー分けの由来
    「おこさま、いらっしゃ~い」 2020.12.20更新
    音関連動画まとめ
    「私の作品 パワーステッカー」一覧
    English Edition of This Blog

    カテゴリ